学位と操縦士免許を同時に取得!実技訓練はアメリカで!

| コメント(0) | トラックバック(0)
2008年4月、桜美林大学ではフライト・マネジメントコース(パイロット養成)開設

 グローバル化が進んだ現代社会において、航空業界の存在意義はますます大きくなっている。この年末年始の海外旅行パンフレットを見ても、アジア方面であれば、20,000円台の価格が設定されているほど!まさに、国内旅行よりリーズナブルに海外に行ける時代なのである。そのような現在、日本の航空業界も、新規航空会社の参入や、既に営業している空港の施設拡充やメンテナンス、新たな空港の開設など、飛躍的な発展を遂げてきており、利用客へのサービス向上に努めている。その一方では、団塊世代の大量退職を迎え、航空業界では深刻なパイロット不足が問題となっている。

 そのような流れのなか桜美林大学では、2008年4月に「フライト・オペレーション(パイロット養成)コース」を開設するという。同コースでは、航空大学校と日本航空の協力と支援を受け、幅広い教養と深い人間性、語学力と国際性を兼ね備えたパイロット育成を目的とする。

 同コースでは、入学後1年半の期間は、同大学にて英語と基礎知識・専門科目を履修する。その後、2年次の秋学期から2年間、アリゾナ州立大学で実地訓練と専門科目を履修することになるという。    

 ●問い合わせ
  桜美林大学  TEL:042-797-2661(代)

桜美林大学

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/614

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2007年11月22日 04:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「音楽家が軽井沢に住む家は?高校生対象写真コンベティション」です。

次のブログ記事は「バックパッカーのバイブル「深夜特急」・沢木耕太郎氏の講演会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。