語学力と経営力を同時に強化!ビジネス英語研修のススメ

| コメント(0) | トラックバック(0)

顧客のニーズと参加者のレベルに応じたカスタマイブプログラム

 海外との連携なしには国内のビジネスの発展が期待できなくなってしまった昨今。新たに直面してい問題は、いかに海外の人々とコミュニケーションをとるかの一言に尽きる。
 どんな企業にとっても、グローバル事業を強化・推進するためには、語学力と経営スキルを兼ね備えた人材の養成が大きな経営課題のひとつだ。そのような現実をとらえ、サイコム・インターナショナルでは、ビジネスパーソン向け英語力強化コンテンツと従来の英語によるマネジメント教育プログラムを効果的に融合させている。「本当に必要な人材に最も効率的な学習メニュー」をカスタマイズプログラムで提供し、実践的なトレーニングを実施しているという。

 カリキュラムは、顧客のニーズ・参加者のレベルに応じたカスタマイズプログラムとして、研修の効果を最大限に上げるため、事前のニーズ調査とレベルアセスメントの結果に基づき効果的に作成させる。TOEICスコアなどで画一的にレベル分けされた固定プログラムとは異なり、ニーズと参加者のレベルに応じたトレーニングを行うことで、もっとも効率的な学習効果を期待できるのだという。

 カリキュラムや時間数は、受講希望者や企業のニーズ、参加者のレベルに基づき決定しているのだという。業務遂行能力強化を目的とした実践的トレーニングである、サイコムの提案するビジネス英語研修。語学トレーニングと同時にビジネススキルトレーニングを組み合わせ、Business Communication(英語による業務遂行)能力強化を目的としている。

 もちろん、研修で学ぶ内容はビジネスの現場で即活用することができる実践的なものばかりだ。日本人のビジネスプロフェッショナルへの指導経験豊富な講師陣が用意されており、日本人を含む外国人ビジネス・プロフェッショナルへの指導経験に富み、英語教授法(TESOL)やRSA/CELTA(ケンブリッジ認定成人向け英語教授法免許)の資格取得者で構成されている。企業勤務の経験者も多いことから、単なる机上の空論には留まらず、ビジネス慣習や企業カルチャーのユニークさについても理解されているので、学ぶほうにとっても心強く、安心して学ぶことができるだろう。

 グローバルビジネスにおいて、リーダーとして活躍できるだけのビジネススキルと英語による業務遂行能力を高めることを目的とした同社ビジネススクールの個人受講のコース。仕事に支障が出ないよう終業後でも通えるように時間割が組まれており、週1回、10週間(10セッション)というスケジュールだ。事前知識がなくてもスタートできる Essential Level と、その次のステップとして MBA 取得レベルまで到達する Advanced Level とがある。開講は年4回、次回の開講は1月となる。また、個人で受講料を払う場合、連続受講で割り引きなどの制度もあるという。

<Essential LevelとAdvanced Level>
 入会金:21,000円
 初回受講時に入会金を払うと、サイコム会員(終身会員、ISLプログラム共通)となる。
 法人会員として登録の場合は、会社経由で申し込んだ受講生の入会金免除されます。
 受講料:1科目168,000円

 ●問い合わせ
  サイコムラーニングセンター  TEL:03-5294-5577

サイコム

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/528

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2007年11月 1日 22:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「忙しい人に朗報!あの漢検がコンピュータで受検できる!」です。

次のブログ記事は「Myカラダで文字通り「体験」入学!わたしって施術者になれる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。