英字新聞で、コツをつかめ!電子辞書のプレゼントキャンペーン

 英字新聞の見出しに注目! 身につく、英語学び方紹介

 「英語を学びたい」という人はとても多い。そこで、趣味や、仕事関連でよく知っている分野の情報など、自分にとって分かりやすい記事やコラムをひとつ見つけて、それを続けて読むことから始めれば、英語は身につくかも。一日に一段落ずつでもいい。

 最初は時間がかかっても、英字新聞は一定のパターンがあるので、少し続ければ慣れて、辞書を引く回数もどんどん減少し、毎日読んでも苦にならないはずだ。 英字新聞の見出し(ヘッドライン)には、特有の法則がある。一定のルールに従っているので慣れてしまえば難しくはない。ポイントは動詞。普通の英文とは違うルールが適用されるので、主なルールを把握したら、実際にヘッドラインをざっとながめる練習をしよう。しばらく続ければコツを修得できる。
 そこで、<主な英字新聞の見出しの法則> がいくつかある、と英語タウンのHPでは紹介している。
過去の出来事に動詞の現在形を使う 、未来のことにはtoプラス動詞の原形 、動詞のing形は進行中または未来のこと 、Be動詞は省略 、過去分詞形は受動態 、コロン(:)はsay(s)の略 」などポイントを教えてくれている。うれしいことに、今なら、エイゴタウンでデイリーヨミウリの購読申し込み をすると、6ケ月以上お申し込みの方全員に電子辞書をプレゼントしてくれるキャンペーン中だ。
 英語タウン 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/507

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2007年10月27日 23:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネット上で人事相談ができる 日本初のサービスがスタート」です。

次のブログ記事は「世界共通のITスキルを身につけられる!IC3受験のススメ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。