世界の窓になる!ホテル実務技能認定で一流のホテルマンに

| コメント(0) | トラックバック(0)
接客業の基本から簡単な英会話まで出題 1級は実技試験もあり

 韓国ドラマ「ホテリアー」などの影響もあり、最近特に注目されているホテル業の仕事。観光客が多く訪れ世界の窓となる場所であるからこそ、ホテルマン達は日々気持ちを引き締めて仕事をする必要がある。ホテルの世界は奥が深く覚える事は多いが、今ホテルマンの貴方なら、自分のホテルマンとしての身だしなみ、言葉遣い、接客マナーなどは勿論、業務に必要な知識などどれ位身についているのか改めて客観的に知りたくはないだろうか?外国人観光客のために簡単な英会話を覚え、苦情処理や危機管理、料理や宿泊サービスに関する知識など、実務を通して身につけたことは多いはず。「ホテル実務技能認定試験」を受けて改めて自分の実力を認識し、足りない知識は勉強し直すなどして、更に業務に励むために役立ててみてはどうだろうか?
 試験は例えば、「お客様に『トイレはどこですか』と聞かれた場合の対応について適切なものを選びなさい」といった接遇分野から、「魚料理に使用されるナイフ・フォークはどれか」といった料理分野、簡単な英会話に関する問題など、ホテルでの日常業務に必要な内容が多数出題される。3級、2級、1級とあるが、1級になると筆記のほか実技試験もあり、ホテルマンとしてのマネジメントも含む上級知識が求められる。
 出会いの連続のホテルマンの仕事だから、更なるスキルアップのために、思い切って受験し、勉強し直してみよう。

<ホテル実務技能認定試験概要>
試験日時:2008年1月27日(日)
申込締切日:2008年1月6日 (日)
会場:東京、名古屋、大阪(予定)
受験料:1級実技試験12,000円 1級筆記試験7,000円(税込み)
         2級筆記試験6,400円(税込み)
     3級筆記試験5,800円(税込み)
申し込み、問い合わせ:ビジネス能力認定サーティファイ TEL:0120-031-749

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/491

コメントする

このブログ記事について

このページは、marikandaが2007年10月24日 18:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニッポンの映像文化を担う人材は新宿新都心で生まれる!」です。

次のブログ記事は「初心者から上級者まで徹底指導!満足できなければ再履修無料」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。