どこでも受験可能な英語の試験、40万人が受験したCASEC

| コメント(0) | トラックバック(0)
IRT(項目応答理論)に基づくCAT(PC適応型テストシステム)を導入

 自分が前々から興味を持っていた企業からの突然の求人、思い切って挑戦してみようと履歴書を書き始めた。語学力が必要な仕事だから英語が得意な自分にはぴったりだ。でもこれまで面倒くさくてTOEICもTOEFLも受けてこなかった。自信はあるのに点数として証明できるものがない・・・。今日すぐにでも受けられてすぐにでも結果が出る資格試験が何かあればいいのに・・・。
 そんな貴方に教えてあげたいのが、日本英語検定協会が開発し、現在は教育測定研究所が開発・運営している「CASEC」(Computerized Assessment System for English Communication)だ。2001年から始まったインターネット上での英語能力判定試験だが、推奨されるPC環境さえ満たしていれば、いつでもどこでも受験可能で、これまでの受験者は累計40万人にもなる。受験者の解答の正解・不正解によって次の問題の難易度を変化させていくというIRT(項目応答理論)に基づいたCAT(コンピュータ適応型テストシステム)を導入しているのが特長だ。個々の受験者の力を分析するための本当に必要な問題のみ出題されるから、長い時間をかけて無駄な問題を解かなくても良いようになっている。
 そのため1回のテスト時間は30〜40分位と短めだが、測定精度はTOEICや英検などの資格試験と同等に高いと言われている。受験結果はその場でプリントアウトすれば、すぐにでも履歴書に添付可能だ。CASECでの点数と同時にTOEIC・TOEFL・英検での目安点も表示されるようになっているから、他者へのアピールばかりでなく、続けて学習する上での自分の目安にもなる。
 自信はあるからすぐにでも結果を出したい貴方!TOEICを受験する前の腕試しをしたい貴方!定期的に英語力のチェックをしたい貴方!受験料も3,500円と安いから(TOEICは6,615円)試しにうけてみてはいかがだろうか?

●問い合わせ・申し込み
 CASECサポートセンター TEL:03-3266-6755

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/480

コメントする

このブログ記事について

このページは、marikandaが2007年10月22日 01:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デジカメ画像を絵手紙に!文化の日には相田みつをになれる?」です。

次のブログ記事は「結婚・出産後も働きやすい医療事務資格 受けるならどれ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。