宅ふぁいる便は、月間延べ利用者数180万人

 インターネットを使った大容量ファイル送受信サービス「宅ふぁいる便」を利用の方も多いだろう。
このサービス、「宅ふぁいる便プレミアム」に登録することで、従来の50Mバイトから100Mバイトに倍増できることとなった。宅ふぁいる便プレミアムは、名前や住所、関心事項などのプロフィールを登録し、ログインして使うサービス。利用は無料だが、広告付きのメールマガジンの受け取りが必要となる。
 また宅ふぁいる便プレミアムへ登録すると、送信先メールアドレスを最大30件を登録、保管しておける他、ファイルがダウンロードされた際に携帯に通知メールを送る設定も可能だ。
 宅ふぁいる便は、現在月間延べ利用者数180万人に達しており、オンラインストレージとしては日本最大規模だという。

 類似のオンラインストレージとしては、セキュリィティ便 (運営:ドライデータ)、 おくりん坊 (運営:ビットパーク)、ファイルバンク (運営:グレテックジャパン )などがある。データ大容量のデータを扱うことが珍しくなくなった現在、競争も利用者ニーズを反映するようだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/518

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2007年10月30日 23:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「18歳以上ならだれでも学べる・土曜の午後はタダでお勉強!」です。

次のブログ記事は「60、70歳代における携帯電話所有は約8割」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。