毎日気になるものだから・・・。天気検定開始!第1回は12月

| コメント(0) | トラックバック(0)
天気を読む力、活用の仕方など、天気に関する幅広い知識が身につく

 毎日新聞やテレビからは様々なニュースが飛び込んでくるけれが、やっぱり一番気にしたいのは一日の天気。空模様を眺めて朝は晴れていると思っても、帰る頃には雨が降っていたりするからお天気情報は欠かせない。そんな天気に関する幅広い知識を身につけるための新しい検定「天気検定」の第1回目が12月2日(日)に実施される。

 天気に関する検定としては、従来からある気象予報士試験が有名なところだが、気象予報士試験が気象学や気象の予測業務を中心としているのに対し、「天気検定」は例えば「コンビニで肉まんが売れる時期は?」など私達の生活や文化と関わり合った問題も含め天気に関する問題を出題。天気に関する基本知識や雑学から生活への活用法まで天気に関する幅広い知識が身につくようになっている。

 出かける時傘を持って行くかどうか洗濯物の乾き具合はどうなるかということだけではなく、農林水産業、金融、交通、健康、美容、文化など、天気は多方面で私達の社会に影響してくるから奥深い。また通年より暑くて長引く夏や雪があまり降らない冬など、年によって微妙に違う気象現象には疑問を持つ事も多いが、天気検定を勉強すればこうした疑問が解けるようになる。

 主催である天気検定協会は、現在NPO法人設立準備中だが、理事会は、気象学、気象業務に関するそれぞれの分野の権威とされる学識者により構成。天気検定の運営を主軸とし、天気や気象に関わる様々な活動の支援を目的としている。公式テキストも来春発売予定で、それまでは天気検定事務局推奨の参考図書により学習する事ができる。

 日々の生活から切っても切り話せない天気に関する検定だから、環境意識を高めるためにも、12月2日の第1回試験から受験してみてはどうだろうか?既に申し込み受付を開始しており、11月12日まで受け付けている。

<第1回天気検定概要>
試験日時:2007年12月2日(日)
申込締切:2007年11月12日
実施級:2〜4級(1級は2級を合格した者のみ受験可で第2回より実施予定)
会場:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄
受験料:1級6,000円 2級5,000円 3級4,000円 4級無料(HPで随時実施中)
詳細・申し込み:天気検定公式HP
問い合わせ:天気検定協会事務局 TEL:06—4801—8883

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/517

コメントする

このブログ記事について

このページは、marikandaが2007年10月30日 16:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「たかが校正、されど校正 出版物の運命を握る校正技能検定」です。

次のブログ記事は「18歳以上ならだれでも学べる・土曜の午後はタダでお勉強!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。