小学、高校向けデモサイト公開!Hosted Learning Gateway

 デジタル・ナレッジ(千代田区、代表取締役社長・はが弘明)は、10月1日にサービスを開始する日本初の「Hosted Learning Gateway」に関して、9月18日より小学校および高等学校向けデモサイトを公開した。

 このデモサイトは、小学校や高等学校での「Hosted Learning Gateway」の活用を想定したもので、先生用機能や生徒用機能を体験することができ、教育委員会や学校での導入を検討するための活用もできる。中学校向けデモサイトは、既に公開済み。Hosted Learning Gatewayとは、児童・生徒、学生、保護者、教職員、学校、教育委員会、地域住民など学校に関わる人々の連携を可能にする統合学校ポータルサイトのことで、具体的には、以下のような活用方法を提唱している。

◎学校での活用方法の一部
・生徒の出欠席や成績情報の分析
・各教員への通達事項の周知徹底、情報共有
・文書のデータ化により、各行事のノウハウの蓄積、文書資産の活用
・教員からの報告書などの集計、帳票作成の迅速化 
◎生徒の活用方法の一部
・生徒たちのグループでの共同作業
・自分の学習ペースに合わせた学習(eラーニング)
◎教師の活用方法の一部
・教員たちのグループでの共同作業
・生徒の学習進捗状況や成績、課題提出状況の確認
◎教育委員会の活用方法の一部
・各学校の生徒の出欠席や成績情報の分析
・各学校への通達事項の周知徹底、情報共有
◎保護者の活用方法の一部
・子供の状況を確認
・子供に起こった問題を教員と保護者で共有

 また、Hosted Learning Gatewayは、ASPサービスなのでインターネットへ接続できるパソコンがあればすぐに利用できる、という。

Hosted Learning Gatewayについての詳しい情報は、こちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/375

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2007年9月20日 23:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ウェブ上に英語のグローバル学習コミュニティ 」です。

次のブログ記事は「テレビでお馴染み!森田さんの「気象予報士通学講座」10月開講」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。