著作権の課題につき、この秋にフォーラムが開催される!

活用における著作権の課題について 事例など

 情報通信技術(ICT)の急速な進展に伴い、大学等では教育内容の高度化・多様化の要請を踏まえた効果的・効率的な教育を目指して、eラーニングをはじめとするICT活用教育の導入や普及が進むなど、教育を取り巻く環境は大きく変化している。教育においては、多様な著作物が様々な形態で利用されているが、ICT活用教育の進展に伴い、様々な著作権に関する課題が生じてきているのが現状だ。
 

 メディア教育開発センターでは、平成17年から、大学等が直面している著作権に関する課題に対応するため、ICT活用教育の専門家と著作権の専門家による研究を実施し、その成果の普及に努めてきた。これらを踏まえ、ICT活用教育における実践事例、著作権に関する課題、対応等についての情報や認識の共有を目的として、ICT活用教育及び著作権関係の有識者を中心に議論するフォーラムを 以下の日程で開催する。

開催日時/平成19年9月26日(水)13:00~16:45
開催場所/東京国際交流館 プラザ平成 国際交流会議場
主  催/独立行政法人 メディア教育開発センター
費  用/無料
 <スケジュール>
挨拶    :13:00 メディア教育開発センター理事長 清水 康敬
基調講演 :13:05
        「ICT活用教育への取組について」― 東北大学副学長(教務担当) 荒井 克弘
講演    :13:50 「ICT活用教育における著作権上の問題や課題」―北村 行夫弁護士
休憩    : 14:30 
パネルディスカッション
        14:45 「ICT活用教育における著作権の課題や対応について」
   〈司   会〉清水 康敬/メディア教育開発センター理事長
   〈パネリスト〉尾崎 史郎/メディア教育開発センター研究開発部教授
           末吉 亙 /末吉綜合法律事務所弁護士
           鈴木 恒雄/金沢大学総合メディア基盤センター長
           中野 裕司/熊本大学総合情報基盤センター教授
           金原 優 /日本書籍出版協会副理事長
           日向 央 /株式会社TBSテレビ編成局
              コンテンツ&ライツセンター メディアライツ推進担当部長 
 

独立行政法人 メディア教育開発センター

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/251

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2007年8月 3日 16:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「学位論文や研究論文をホームページ上で検索できる!」です。

次のブログ記事は「新TOEIC(R)テストを大応援! 英会話エルワンで無料模擬試験」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。