パソコンは、WEBで調べて購入する人が40%!

| コメント(0) | トラックバック(0)

「比較サイト」「掲示板サイト」「検索エンジン」などで情報収集!

 

  パソコンを購入するとき、どうやって購入するのだろうか?このたび、ヤフーバリューインサイト株式会社(本社/東京都中野区、代表取締役社長:田部信)では、20〜59歳の男女を対象に、パソコンをテーマとして調査を実施した(「検索と情報収集プロセス」分析シリーズの第10回目)。

 パソコンを購入する際のプロセスを「きっかけ」「情報収集」「比較検討」の3段階に分け、それぞれの段階でどのような媒体を利用したか、検索エンジンを利用した場合、どのような検索キーワードを入力したかなどを調査。また、パソコンを実際に購入した際には、どのような経路で購入したかについても回答を求めたもの。

 パソコンの購入を検討する際、そのきっかけとして3人に1人が「量販店などの店頭」と回答。「検索エンジン」は「テレビCM」とほぼ同じ率だったが、情報収集の段階では、半数近い人が「メーカーのホームページ」を利用していることが判明。

 また「比較サイト」「クチコミ・掲示板サイト」「検索エンジン」など Web系の情報源を利用する人が、この段階で急激に増えていることもわかった。比較検討の段階でも、「メーカーのホームページ」の利用者は多く、Web系の情報源はこの段階でも高い利用率となっている。

 パソコンの購入経路では、「量販店などの店頭」が半数近くと最も多いが、「メーカーのホームページ」「比較サイト」「ショッピングサイト」といったWeb経由での購入が、合わせて4割と「店頭」に迫る高い利用率となっている。


ヤフーバリューインサイト株式会社<詳細レポートについて>

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/208

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2007年7月21日 20:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「グローバルビジネスのためのWEB戦略セミナー」の開催決定!」です。

次のブログ記事は「ネガティブメッセージから抜け出す!セルフカウンセリング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。