「ニセ学位」は誰? 文部科学省、実態調査に乗り出す

| コメント(0) | トラックバック(0)

海外から授与される博士号はホンモノ? それともニセモノ?

 以前から問題にされていた、海外から授与される「ニセ学位」問題。教育活動の実態がないにもかかわらず、大学として、博士号などのニセの学位を、授与する海外の団体が増えていることに対し、文部科学省は、ニセの学位を持つ大学教員の実態調査に乗り出した。

 対象となる教員は、国公私立すべての大学となる。同省では、秋ごろに結果をまとめ、公表したいとしている。

 「ニセ学位」を授与している疑いがあるとしているのは、アメリカ、中国、イギリス、オーストラリアに所在地を設定していながら、国から大学と認定されていない団体。文部科学省は、国内の各大学に対して、これらの団体から学位を授与された教員について、順次、尋ねていくということだ。

 アメリカでは、こうした団体で取得した学位を、就職などに悪用するケースが相次いでいることから、このような団体を「ディグリーミル(学位工場)」と呼んでいるようだ。

 我が国でも、国会などで、ニセ学位とみられる学位を持つ大学教員の存在が、指摘されたことがあった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/221

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2007年7月23日 19:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「やる気創造型就業規則の作成を支援するWeb登場!」です。

次のブログ記事は「I'm Not A Plastic Bag! ブランド「エコバック」人気!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。