I'm Not A Plastic Bag! ブランド「エコバック」人気!

| コメント(0) | トラックバック(0)

オシャレなエコバッグで、環境にやさしいお買い物!

   有名ブランド製の「エコバック」の人気が急騰している。なかでも、「I'm Not A Plastic Bag」(わたしはポリ袋ではない)と使い捨てのレジ袋の削減を訴えたアニヤ・ハインドマーチ製は、大きな話題をよび、一種の社会現象を引き起こした。 

070724-1.jpg

  7月14日、東京の「アニヤ・ハインドマーチ」の直営店では、開店前に約5000人の購入希望者が殺到して騒然となり、一時は警察が出動する騒ぎになった。直営店のほか、先行販売した伊勢丹新宿店でも長蛇の列ができて完売した。今や、ネットオークションにでも出なければ入手することは困難だという。

   そもそも、ナイロン製や紙製のトートバッグ風のものが多いエコバッグ。大手スーパーやコーヒー店が、1000円弱で販売しているものもある。日常生活でスーパーやコンビニエンスストアで使う「買い物袋」なので、おしゃれより、軽くて折り畳めるなど、機能性が重視されてきた。

   ところが、小さなリボンがトレードマークの「I'm Not A Plastic Bag」のエコバッグは、デザインも可愛らしく、素材はナイロンではなくて綿! 若いOLは「エコバッグらしくないのがいい」と、購買意欲を隠さない。

  どうして、このエコバッグが、こんなにも注目を浴びるのか? それは、「ヴァニティー・フェア」主催のアカデミー賞アフター・ショー・パーティーの「おみやげ用」のバッグに採用され、「セレブご愛用」としてのお墨付きを得たからである 。 セレブも使う高級感とおしゃれ感、数量限定の希少価値が女性の心をくすぐったようだ。

   また、エコバッグには、他の有名ブランドも参入している。ベネトンは、カラフルな10色を用意(「キッチンエコバッグ」を500円で)、お得意の鮮やかな色づかいで人気を博している。エルメスは、高級ブランドらしく15万8550円のエコバッグ「シルキーポップ」を発売している。

 15万円以上もするバッグに、198円の大根やネギをいれるかどうかは、個人の自由!?

環境にやさしい、地球に優しい、などどんな生活様式をとるかこれからは、誰もが考える時代になった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/222

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2007年7月24日 01:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ニセ学位」は誰? 文部科学省、実態調査に乗り出す」です。

次のブログ記事は「働くママに頼もしい味方が登場! 「ママchan保育園版」発行決定!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。