TOEFL、日本の留学希望者多く、対応に特別試験実施

  ETSEducation Testing Service本部アメリカニュージャージー州)は、818日にTOEFLPBTpaper-based test)を実施する、と発表した。

 ETSプレス発表によると、日本の留学希望者が多く、TOEFL試験の需要が高いため特別実施である、と説明している。現在TOEFLテストの主流は、インターネットを介して受験するiBT(インターネットテスト)で、iBTの受講可能人数は、設備上限定されている。  

 ETSでは、例外措置として、iBT受験センターがない地区などでPBTを実施することがあった。818日のテストは、東京、名古屋、大阪市で実施される予定だと言う。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/198

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2007年7月17日 13:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「慶大の蔵書をグーグル検索!日本初!世界では26番目」です。

次のブログ記事は「社会人向けにホスピタリティ講座を開講―大阪学院大」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。