新入社員の約83%はHPで情報収集~ネット利用は半数以上

    企業選びは 「自分を生かせる、仕事が面白い、技術」の順

           ~ 「働くことの意識」調査 結果から

 財団法人社会経済生産性本部(理事長 谷口恒明)と社団法人日本経済青年協議会(代表幹事田所 稔)は、平成19年度新入社員を対象に実施した「働くことの意識」調査結果をとりまとめた。この新入社員の意識調査は、昭和44年度に実施して以来39回目。 <情報源は説明会とHPが圧倒的>就職活動で利用された情報源は、「会社説明会」(85.2%)がトップに返り咲き、ついで「インターネットの企業ホームページ」(83.9%)の順となった。
 就職先の企業を選ぶ基準では、最も多かった回答は「自分の能力、個性が活かせるから」で、全体の28.8%であった。以下「仕事がおもしろいから」(21.3%)、「技術が覚えられるから」(14.1%)など、個人の能力、技能ないし興味に関連する項目が上位を占めた。反面、勤務先の企業に関連する項目は低い水準にとどまり、。「会社の将来性」(9.0%)、「経営者に魅力を感じて」(4.7%)、「一流会社だから」(5.0%)、「福利厚生施設が充実しているから」(1.6%)などとなっている。昨今の終身雇用制の後退を背景とする、「就社」より「就職」という傾向を反映しているものと思われる。
 

<人間関係を広げたい>

就労意識については、1位「仕事を通じて人間関係を広げていきたい(95.4%)」、2位「どこでも通用する専門技能を身につけたい(93.1%)」、3位「社会や人から感謝される仕事がしたい(92.9%)」であった。 仕事中心か生活中心かでは、「仕事と生活の両立」という回答が大多数(79.8%)を占め、「仕事中心」(9.6%)、「生活中心」(10.6%)、という回答を大きく上回る。
 一般的な生活価値観では、自分らしくポジティブに生きることが志向され「明るい気持ちで積極的に行動すれば、たいていのことは達成できる(84.3%、2位)」「他人にどう思われようとも、自分らしく生きたい(83.0%、4位)」が上位を占めた。
 

「ブログやSNSの参加率」は、全体で59.0%、男女別では男性54.3%、女性66.9%であった。
この傾向はますます続くだろう。新入社員の意識。時代を反映しているようだ。

さて、あなたの会社の新入社員と、比べてみていかがだろう?

 

  

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/195

専門家や海外ジャーナリストのブログネットワーク【MediaSabor メディアサボール 】 - 時代の流れと逆行する若者の保守的な職業観 (2007年7月23日 10:52)

都内の電車に乗ると、必ず目に付くのが転職サイトや転職フェアの広告だ。1社だけで... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2007年7月16日 22:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「IT産業競争力で日本は上位~英国のエコノミスト誌発表」です。

次のブログ記事は「医療と福祉の事業者数がますます増加!~企業統計から」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。