平均寿命がまた伸びた!男性も80歳が間近になった!!

 世界的にも、かなり高い平均寿命!

 進む高齢化。医療や福祉、健康ビジネスが大きなビジネス市場になるといわれて久しい。

 先ごろの発表によると、男性の平均寿命は79.00年、女性の平均寿命は85.81年と前年と比較して男性は0.44年、女性は0.29年上回った、とのことだ。(平成18年簡易生命表・厚生労働省資料)各年齢の平均余命について も、前年に比べ、男女とも全年齢で上回った。また、男女の平均寿命の差は、6.81年で前年より0.15年縮小した。
 平均寿命が延びたのを死因別に分析すると、悪性新生物、心疾患及び脳血管疾患などが改善されてきたため、平均寿命を延ばす方向に働いているという。
 この寿命だが、海外と比べてもみるとどうだろうか?
比較は基礎期間などの関係で、単純ではないとのことだが、80歳を超える寿命を調べると カナダが男性77.2歳、女性が82.1歳(2006年統計)、アジア、シンガポールが男性78.0歳、女性81.8歳(2006年)という調査結果だそうだ。

 世界的にも、長寿国日本だが、これは超高齢化社会とイコールということだ。年金問題や医療問題など、今後ますますの課題がでてくる社会だが、資格やライセンス、関連の業種などの伸びが、データ的にも裏付けられる。福祉や医療、などに興味ある方で、資格や検定狙いの人にはますます就業機会の広がりあるだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/234

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2007年7月30日 15:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本初、 Learning Gateway,教育機関向けに、ASP発売!」です。

次のブログ記事は「成功の秘訣は一流ホテルから学べ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。