年金問題でアクセス集中!社会保険庁HPが前年比5・7倍

簡易計算できるページにアクセスが80万人!前年同月比約5.7倍の225万人に急増。

 年金記録問題で注目を集める「社会保険庁」ホームページの利用者数が、前年同月比約5.7倍の225万人に急増した。

 常に通常上位をしめていた「国土交通省」(168万人)や「厚生労働省」(133万人)を抜いて、官公庁ホームページでトップとなった。インターネット利用動向情報の統計調査を行うネットレイティングスが7月19日、発表した官公庁サイトにおける6月度のインターネット利用動向に関する調査で、堂々の一位だ。 同社によると、同庁ホームページの今年3月までの月間利用者は50万人未満だったが、
年金記録漏れが発覚して以降から利用者が増え、5月度には80万人と記録を更新したばかりだったという。

 同庁サイトで実際に利用されたコンテンツ別でみると、今回の年金記録問題に関する文書や広報資料を集めた特設ページの利用者は44万人。また、最も利用者を集めたのは、Webページ上で年齢や加入期間を入力することにより年金見込額の簡易試算ができるサービスで97万人となっている。

◎社会保険庁ホームページ利用者の年齢別構成比

 次いで、Webページで自分の年金加入記録を確認する手続きに必要なID、パスワード発行申請や実際の加入記録閲覧を行うページにも87万人が訪問。今月17日の社会保険庁の発表によると、6月度のID/パスワード申請数は50万5,836件で過去最高を記録しており、申請ページ訪問者のうち大多数の人が実際に申し込んだことがわかる、と同社ではしている。

 利用者の年齢構成比では、40歳代が最も多く34.2%、次いで30歳代の25.9%、50歳代の21.9%と並んでいる。一般的なサイトでのインターネット利用者全体にしめる「40歳以上」の比率は半数以下だというが、同庁サイト利用者では全体の7割近くを占める結果となっている。一方、若年層の関心は低く、20代以下の利用者はわずか5.2%にとどまっているという。

 これらの結果について同社代表の萩原雅之氏は、

「自分の年金記録や見込み支給額を知る場合、社会保険事務所の窓口を訪ねる、相談の電話をかける、社会保険庁のホームページを利用するという3つの方法があります。今回のデータからは、インターネットを利用した情報確認に非常に高いニーズのあることがうかがえます」とコメント。

 さらに、「現在4週間かかるとされる加入記録閲覧ID発行の迅速化などによって利便性が高まれば、インターネットを使える環境にあるユーザーがより多く利用することとなり、不安の払拭、事務所窓口や電話相談の混雑緩和にもつながるはずです」、と分析している。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/203

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2007年7月19日 23:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「予測市場サイト「参議院プロジェクト『sangi.in』で予想!」です。

次のブログ記事は「「グローバルビジネスのためのWEB戦略セミナー」の開催決定!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。