2007年7月アーカイブ

 15~24歳の完全失業率は、男性8.5%、女性5.8%

 総務省が先ごろ発表した6月の完全失業率は、季節調整値で3.7%となり,前月に比べ0.1ポイント低下した、と言う。
  ・男性は3.8%と,前月に比べ0.1ポイント低下。
 ・女性は3.5%と,前月に比べ0.1ポイント低下。
 ・15~24歳の完全失業率は,男性8.5%,女性5.8%と,1年前に比べそれぞれ0.7ポイント,2.1ポイント低下した。 

<6月の就業者数は6491万人と1年前に比べ53万人増加>
 完全失業者数は241万人と1年前に比べ37万人減少。
・就業者数は9か月連続の増加,完全失業者数は19か月連続の減少。
 ・雇用者数は1年前に比べ48万人増加,28か月連続の増加した。

<主な産業別就業者数の1年間の増減数>
  建設業……………………  25万人減少
  製造業……………………  22万人増加
  卸売・小売業……………  13万人増加
  医療・福祉………………  5万人増加
  サービス業………………  16万人減少
<求職理由別完全失業者数及び1年間の増減数>
  定年等……………………  21万人と,5万人減少
  勤め先都合………………  55万人と,11万人減少
  自己都合…………………  94万人と,5万人減少
  学卒未就職………………  14万人と,3万人減少
  新たに収入が必要………  32万人と,9万人減少
  その他……………………  22万人と,3万人減少

 これで、6月度の傾向では、失業率は低下ではあるが、これだけで景気が良好と即断はできない。
 与党惨敗選挙の余波など、景気動向、社会情勢などますます目が離せなくなった。
 

総務省統計局 

『セカンドライフは空っぽの洞窟』? 未成熟なメタバース(仮想空間)に熱狂する企業 
 ブログ連動のオンラインリサーチなどを手がけるアイシェア社(横浜市・千葉春彦社長)はパソコン上のオンライン3D仮想世界「セカンドライフ」について、先ごろ意識調査を行った。


 注目を集めるセカンドライフについての関心、セカンドライフを知るきっかけ、導入タイミング、また今後のこれらメタバースへの参加意識などについての調査結果をまとめた。
 今回の調査により、現状セカンドライフは、「テレビ・雑誌」での話題先行の色が強く出ており、3D仮想世界への関心は高いものの、「参加には興味がない」と答えが返ってくる「ねじれ」が起きていることが見えた。

 これは1996年に書かれたクリフォード・ストール著の「インターネットはからっぽの洞窟」のように、ブームの落とし穴に警笛するような疑問を感じているユーザが多いと思われる」としている。
  調査項目は以下のようである。
* 「セカンドライフを知っている=63.9%」実利用者との遭遇は平均3%と少ない。
* セカンドライフを知るきっかけは「テレビ・雑誌」が「ネット」を超えて高い。
* 利用者の気持ち「何をすればよいかわからない」が54.2%と高い。
* 未利用者の興味・関心は「仮想空間」「ビジネス」「サービスの体験」に集まる。
* 今は興味ないものの、今後への期待値は65%を超える。

*セカンドライフをこれから始める? 
「今は興味を持っていない」 が76.4%。
今回のサンプルでは、セカンドライフ利用経験者は3.8%。それ以外の人に今後始める予定は?という質疑において、現状では「興味がない(76.4%)」に意見が集中する結果となった。これが現実的な数と読める。
 それは、セカンドライフ参加への弊害として感じている「周りにやっている人がいない」が20.3%、
「パソコンに高いスペック(能力)が必要そうだから」が17.4%「始め方がわからない」15.3%と続いたことから、完全に興味がないわけではなく情報が整理・整備されていない現状が浮き彫り。

* セカンドライフは空っぽの洞窟?
 体験者にとってセカンドライフはどう映ったのか?参考アンケートの結果では、「何をすれば良いかわからない」「動作が重い」がどちらも過半数を超えた。始めた理由も、「話題になっているから」72.7%「新しいことだから」59.1%と続く。
 話題先行のセカンドライフで思い出されるのは、1996年に書かれたクリフォード・ストール著の「インターネットはからっぽの洞窟」。これと同じように、ネットブームがセカンドライフブームとしてユーザを冷静にさせているのかもしれない。
 それは、未体験者の関心が「仮想都市・世界」「ビジネス」「サービス体験」の3D化へ興味が高く、十分に面白いと思えるものの「興味がない」回答につながっている、と同社では分析している。現状の企業によるマーケティング先行がユーザへの疑いを持たせているからと思われる、としている。
 (調査は2007年7月、CLUB BBQ会員限定のWEB調査、回答者は585人で男女比:男性 51.3% 女性 48.7%)

SecondLife- :米、リンデンラボ社が運営するオンラインバーチャル世界のメタバース。アメリカを中心に各国で提供しユーザ数は700万人を超える3D化された仮想空間(メタバース)。ユーザの活動がほぼ自由であり、制作物の著作・所有権が認められるなどの特徴がある。

子どもと一緒に絵本を作るブログラム、愛媛県松山市で開催!

 少子化問題が叫ばれる昨今、子どもが少ないとなれば、子どもと接する機会も減少するのは当たり前。そこで、日ごろ、我が子と過ごす時間をとれないお父さんのために、「パパとキッズのアートプログラム〜世界でたった1つの絵本〜」というイベントが、松山市で開催される。

 父親の育児参加を応援する、このプログラムは、コスモ石油の社会貢献活動「お父さんと子どものワークショップ」の一環として行われている。小学校1年生から4年生までの子どもと、その父親が対象で、当日、会場となっている愛媛県立美術館まで来られることが条件。募集人数は20組で、参加費は500円となっている。

 このワークショップは、全国各地で開催されており、松山での開催が最終日。夏休み最後の日曜日に、お父さんと子どもが、コミュニケーションを楽しみながら、絵本(の、ような作品)を仕上げていくというもの。ナビゲーターは、アーティスト・MAYA MAXX(マヤ マックス)氏。同氏は、松山市の出身で、毎年、個展を開催。本の装丁画やCDのジャケットを数多く手がけ、若い世代を中心に人気を博している。

 これを機会に、絵画やデザインについて、学んでみるのもいいかもしれない。いつもは、ちょっと距離感のあるパパとキッズ。ふたりそろって、絵画教室にチャレンジしたり、絵手紙を交換すれば、ステキな夏休みの思い出になるのではないだろうか。

 なお、参加費全額は、難病の子どもたちの家族滞在施設をサポートする団体に、全額、寄付されるとのこと。

【実施概要】
「パパとキッズのアートプログラム〜世界でたった1つの絵本〜」
● 主催  コスモ石油
● 共催  愛媛県立美術館
● 目的  父親の育児参加と父子のコミュニケーションを応援する。
● 講師  MAYA MAXX(マヤ マックス)氏
● 協力団体NPOワンダーアートプロダクション
● 日時  2007年8月26日㈰ 13:00〜16:00
● 会場  愛媛県美術館 南館
● 参加費 500円

※ 参加申し込みは愛媛県美術館まで
〒790-0007愛媛県松山市堀之内
愛媛県立美術館「世界でたった一つの絵本」係
FAX:089-932-0511

※ 問い合わせ
コスモ石油 コーポレートコミュニケーション部 広報室 TEL:03-3798-3101

 

「エイボンHello Tomorrow基金」 がんばる女性10名に30万円を交付

 「コミュニケーション能力が低下している」「地域社会とのつながりが希薄になっている」など、現代社会で浮き彫りになっている問題をよそに、さまざまな形で、地域に根ざした活動をしている女性は少なくない。彼女たちの中には、自分のもっているスキルを最大限に生かし、地域活性化のため、高齢者や障害者とともに生きる街づくりをしたいと、骨身を削って頑張っている人々がいる。

 そんな、女性たちの学びを支援し、「夢」の実現を応援するため、エイボン・プロダクツでは、「エイボンHello Tomorrow基金」を設立。厳正な選考のうえ10名を決定し、6月25日に助成金30万円を贈呈した。

 第一回となった今回、「Hello Tomorrow基金」には、20代から80代まで、幅広い層の応募があったという。全国各地から選出された助成対象者は、障害者と健常者がふれあう場を提供したい、暴力に対する対処方法を伝えたい、視覚障害者のために音訳図書を普及させたい、子どもたちにもっと自然とふれあって遊ぶ場所を提供したい、など、精力的な活動を展開している女性たちである。助成金の30万円は、それぞれ、活動に必要な経費にあてられる。

 女性ならではの視点を生かし、地域に根ざした活躍ができたら、本人にとっても、社会にとっても、大きな財産となる。語学力や医療スキルなど、地域社会に還元してみたいと思っている人は、さらに力を蓄えて、次回の募集にそなえてみてはいかがだろう。

エイボン・プロダクツ

リッツ・カールトン・ホテルのサービスを体験しながら学べる! 特別セミナー開催!

 どんな仕事の現場でも、また、プライベートにおいても、人と接するときは、好感度が重要なポイントとなる。いやみにならない笑顔や、さりげない接客をしたいと思っても、うまくいかなかった苦い経験を持つ人も少なくないだろう。

 そこで、おもてなしや、サービスのプロといえば一流ホテル。その一流ホテルのブランドは、どのように作られ、どのように守られているのか、今、話題のザ・リッツ・カールトン・ホテルが主催するセナミー「最高のサービス、No.1ブランドの創り方」で、学んでみてはいかがだろうか。

 セミナーは、9月7日、8日に開催される。
 一流ホテルのサービスとブランド力、従業員の高いモチベーションを、実際にホテルに宿泊し、セミナーを受講する、体験型のセミナーとなる。宿泊は、ザ・リッツ・カールトン大阪。特別講師に、ザ・リッツ・カールトン・ホテル日本支社長・高野登氏を迎える。

【最高のサービス、No.1ブランドの創り方】
●開催日
2007年9月7日、8日
●開催場所
ザ・リッツ・カールトン大阪
マスターカウンセリング社

 世界的にも、かなり高い平均寿命!

 進む高齢化。医療や福祉、健康ビジネスが大きなビジネス市場になるといわれて久しい。

 先ごろの発表によると、男性の平均寿命は79.00年、女性の平均寿命は85.81年と前年と比較して男性は0.44年、女性は0.29年上回った、とのことだ。(平成18年簡易生命表・厚生労働省資料)各年齢の平均余命について も、前年に比べ、男女とも全年齢で上回った。また、男女の平均寿命の差は、6.81年で前年より0.15年縮小した。
 平均寿命が延びたのを死因別に分析すると、悪性新生物、心疾患及び脳血管疾患などが改善されてきたため、平均寿命を延ばす方向に働いているという。
 この寿命だが、海外と比べてもみるとどうだろうか?
比較は基礎期間などの関係で、単純ではないとのことだが、80歳を超える寿命を調べると カナダが男性77.2歳、女性が82.1歳(2006年統計)、アジア、シンガポールが男性78.0歳、女性81.8歳(2006年)という調査結果だそうだ。

 世界的にも、長寿国日本だが、これは超高齢化社会とイコールということだ。年金問題や医療問題など、今後ますますの課題がでてくる社会だが、資格やライセンス、関連の業種などの伸びが、データ的にも裏付けられる。福祉や医療、などに興味ある方で、資格や検定狙いの人にはますます就業機会の広がりあるだろう。

日本初の「Hosted Learning Gateway」を提供、マイクロソフトとデジタル・ナレッジ 

  ~教育機関への情報コミュニケーション基盤の普及・促進を目指したASPサービスを開始~

 進む学校の教育の情報化をする、実用的なポータルサイトが登場した。

マイクロソフト社とデジタル・ナレッジ社が、過日、発表した「Learning Gateway」だ。

 デジタル・ナレッジはマイクロソフトのコンセプトに賛同し、学校における実用的なポータルサイトを提供することとした。そして、Learning Gatewayの普及・促進を目的として、日本初となる「Hosted Learning Gateway」を提供するにいたった。
 Hosted Learning Gateway
とは、学校現場で導入しやすいLearning GatewayASPサービスのこと。
 Hosted Learning Gateway
は、ASPサービスのためインターネットへ接続できるパソコンがあればすぐに利用できる。学校ごとにサーバを導入する必要はないため、難しいサーバ管理など、システムのことは全てサービス会社が担当し、学校側に管理者を配置する必要もない。また、生徒や先生は自宅からも利用できるほか、保護者も利用が可能だ。


 児童・生徒の出欠の管理、教員同士の連絡など、学校通信などの作業、児童・生徒は共同学習などに利用可能、保護者は子どもの安全確認など、教育委員会は各学校への通達などを迅速にできるなどの利点を持つ。

生徒のベネフィット
・ 生徒たちのグループでの共同作業・ 自分の学習ペースに合わせた学習(eラーニング)・ 指定の時間内にいつでも仲間や先生とリンクして共同学習・多数の新しいデジタル学習教材(コンテンツベンダーより順次提供)など可能。
保護者のベネフィット・ 子供の状況を確認・ 子供に起こった問題を教員と保護者で共有できる、などが可能。
教員のベネフィット
・ 教員たちのグループでの共同作業・ 生徒の学習進捗状況や成績、課題提出状況の確認
・ 生徒のペースに合わせた学習を提供(eラーニング)・ 多数の新しいデジタル学習教材(コンテンツベンダーより順次提供) などが可能。
学校のベネフィット
・ 生徒の出欠席や成績情報の分析・ 各教員への通達事項の周知徹底、情報共有
・ 文書のデータ化により、各行事のノウハウの蓄積、文書資産の活用・ 教員からの報告書などの集計、帳票作成の迅速化  などが可能。
教育委員会のベネフィット
・ 各学校の生徒の出欠席や成績情報の分析
・ 各学校への通達事項の周知徹底、情報共有
・ 文書のデータ化により、各行事のノウハウの蓄積、文書資産の活用 などが可能。

去る、727日に開催した「Innovative Teachers Day 2007」(主催:ICT教育推進プログラム協議会)にて発表された。

 プレオープンは2007 9月 1日、発売の開始は2007年 10月 1日だという。 

夏休みの海外旅行、まだ行ける? 「間際予約」が好調 !

 夏休みで遊んでいる子供たちを恨めしく思う今日このごろ。夏休みの予定をたてるヒマがない人は、毎日、飛行機雲が流れる空を、恨めしそうに見上げているのではないだろうか。HISが夏休みの海外旅行予約状況を発表した。
 そんな皆さんに、ちょっと希望のもてる情報をお届けしよう。貴重な夏休み、簡単に諦めるのは、まだ早いかもしれない。

 HISによると、夏休み(7月14日—9月30日)の海外旅行・直近の予約状況は、7月20日現在で、前年比 19%増とのこと。7月以降の予約数が増えるアジア方面をはじめ、オセアニアやヨーロッパなどの遠距離方面を中心に、伸びているという。

 人気の渡航先は、「ホノルル」「グアム」「ソウル」「バンコク」の順。また、7月に入ってからの予約状況は、韓国が86%増、台湾が79%増、香港は77%増、中国は70%増となり、アジア方面で出発間際の予約が大きく増えているとのこと。

 気になる現在の予約状況だが、20日現在、7月中に出発する予約のうち、出発前1カ月以内の予約数は46%、出発前10日以内の予約数は13%。HISでは、8月もこうした出発間際の予約が伸びると見込んでいるようだ。

 覚えたばかりの中国語やハングル語など、語学は、実際に試してみるのがイチバン! 元気に夏を乗り切る意味でも、気軽に出かけられるアジアの旅を計画してみては如何だろう?

H.I.S.

『中国を動かす経済学者たち』 
                      ~ 改革開放の水先案内人 ~
  著者 関 志雄 (コンサルティングフェロー ・株式会社野村資本市場研究所 シニアフェロー)

 中国の言論界・政策決定で大きな影響力を持つ経済学者が、どのようなことを考え、どのような政策提言を行っているかを紹介する。
 中国では改革開放が進むにつれて、多くの(近代)経済学者が計画経済から市場経済への移行という壮大な実験に惹かれ、理論と実証の両面からその経験を分析し、今後採用すべき政策についても大胆に提言している。その発言の影響力は、著者によると「日本の竹中氏の10倍はある」という。
 ゴケイレン、胡鞍鋼、樊綱など、中国に資本主義を根づかせるために活躍し、中国で大きな発言力を持つ経済学者と、関連する論争を紹介。言論面から中国の資本主義化を眺められる稀有な本。

■目次
第1章 マルクス経済学から新制度経済学へ
第2章 計画経済から市場経済への移行
第3章 新自由主義者に挑戦する新左派
第4章 所有制改革の立役者:トウホジョウとレイイネイ
第5章 市場経済の立役者:ゴケイレン
第6章 中国制度学派のパイオニア:張五常
第7章 海外で活躍した経済学者:楊小凱と銭穎一
第8章 「洋博士」の代表格:林毅夫
第9章 国情研究の第一人者:胡鞍鋼
第10章 ポスト文革世代の代表格:樊鋼
第11章 民営化を巡る大論争の主役:郎咸平と周其仁
第12章 企業家の味方:張維迎
第13章 経世済民の学問としての経済学

発行:2007年08月02日 
価格(税込):3,360円 

「少ない労力で大きなリターンを」というレバレッジ(てこ)の考え方

                         「レバレッジ・シンキング」 本田直之 著

 「努力するのに成果があがらない人」と「余裕を持ちながら大きな成果をあげる人」の違いは、レバレッジの考え方にあった。
 30歳代にして幅広く事業を経営する著者の秘訣は、「少ない労力で大きなリターンを」というレバレッジ(てこ)の考え方にある。本書では、投資・スポーツ・脳科学の方法論をベースに、を自己啓発に応用した仕事術・ライフプランニングの技術を紹介している。

 「労力(仕事)」「時間」「知識(勉強)」「人脈」の4分野それぞれにわたって、レバレッジの考え方を紹介。前作同様に、誰でも簡単に実行でき、改善できるシンプルな方法論といえる。『レバレッジ・リーディング』の続編ではあるが、それぞれで完結して読めるようになっている。巻末にそれぞれの分野のおすすめ書を掲載している。
 スポーツ・経営・投資・脳科学のノウハウを応用した、訓練不要でノーリスクの仕事術。

昨年末刊行の話題書、『レバレッジ・リーディング』(9刷、7万部)の続編となる。

 本田直之さんは、レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO。日本ファイナンシャルアカデミー取締役、コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティング取締役を兼務。

出版 : 東洋経済新報社

地域再生・新潮流、東京一極集中、都市農村の対立を越えて

 高度成長期以来の、東京再一極集中が始まっている。他方、国土の6割を占める地方都市・農山村は過疎化・高齢化の波を受け、居住する人々の苦悩と不安は高まってきている。 
 八洲学園大学が今回主催する、この “「まちづくり」と地域政策 ~クロストーク~” 講演会では、いかに両者が折り合いをなし、新しい国土を創出していけるかを皆さんと共に考えてゆきたい。(一般公開、無料)

テーマ:「まちづくり」と地域政策 ~クロストーク~  
論 題 :「地域再生・新潮流 ~都市・農山村の対立を越えて~」
講 師 :岡崎 昌之 先生 <法政大学 現代福祉学部長・教授>
日 時 : 2007年8月 11日 (土) 
      14時~17時(13時30分開場)

*プログラム
   14:00~14:10 挨拶(講師御紹介)
   14:10~15:40 講演
   15:50~16:30 クロストーク・質問会
   16:30~17:00 懇親会(情報交換会)
*会 場 :八洲学園大学3階「大講義室」  横浜市西区桜木町7-42 
      TEL 045-313-5454
      ・横浜市営地下鉄が便利です。「高島町」駅、徒歩1分
      ・駐車場を儲けておりませんので、公共交通機関をご利用ください。

*主催:八洲学園大学  後援:横浜市教育委員会
*問合先 :塙(八洲学園大学専任講師)  hanawa@yashima.ac.jp

主婦は、「タダ!」が大好き! フリーペーパーほど役立つものはない?

 働く女性にとって、子育てや家事と仕事の両立は永遠のテーマ。そんな女性たちに役立ててもらうため、インフォマートでは、フリーペーパー(無料情報紙)「ママchan保育園版」を、8月6日に発行する。同紙は、保育園児とその母親を対象で、既に刊行されている「ママchan」の姉妹紙ということになる。

 「ママchan」では、これまで幼稚園・保育園向けとも、同じ紙面のものを配布してきた。しかし、保育園児のお母さんは、子どもを保育園に預けながら、仕事をこなすワーキングマザー。幼稚園児のお母さんとは、根本的にライフスタイルが異なっているのが実情だ。

 そこで、「ママchan保育園版」では、保育園児と母親に対象を絞り、「仕事と育児の間の親子時間」というコンセプトで紙面作りをするとのこと。お母さんの仕事が休みのときは、子供と過ごすことのできる貴重な時間。その大切な時間を、より充実したハッピーな時間にしてもらいたい、という願いが込められているようだ。
  また、園児の年齢層は、0歳〜2歳が約4割、3歳〜5歳が6割。乳幼児期の子育て情報も重要である。

  「ママchan保育園版」の配布エリアは、関東地区を中心に東京・神奈川・千葉・埼玉県下となっている。

主な内容 

・スキマ時間のコミュニケーション
・こどもページ「おしごとだいぼうけん」
・お仕事情報
・子育てエリア、子育てマンション「住まい選びのココが決め手」
・保育園ママの座談会

オシャレなエコバッグで、環境にやさしいお買い物!

   有名ブランド製の「エコバック」の人気が急騰している。なかでも、「I'm Not A Plastic Bag」(わたしはポリ袋ではない)と使い捨てのレジ袋の削減を訴えたアニヤ・ハインドマーチ製は、大きな話題をよび、一種の社会現象を引き起こした。 

070724-1.jpg

  7月14日、東京の「アニヤ・ハインドマーチ」の直営店では、開店前に約5000人の購入希望者が殺到して騒然となり、一時は警察が出動する騒ぎになった。直営店のほか、先行販売した伊勢丹新宿店でも長蛇の列ができて完売した。今や、ネットオークションにでも出なければ入手することは困難だという。

   そもそも、ナイロン製や紙製のトートバッグ風のものが多いエコバッグ。大手スーパーやコーヒー店が、1000円弱で販売しているものもある。日常生活でスーパーやコンビニエンスストアで使う「買い物袋」なので、おしゃれより、軽くて折り畳めるなど、機能性が重視されてきた。

   ところが、小さなリボンがトレードマークの「I'm Not A Plastic Bag」のエコバッグは、デザインも可愛らしく、素材はナイロンではなくて綿! 若いOLは「エコバッグらしくないのがいい」と、購買意欲を隠さない。

  どうして、このエコバッグが、こんなにも注目を浴びるのか? それは、「ヴァニティー・フェア」主催のアカデミー賞アフター・ショー・パーティーの「おみやげ用」のバッグに採用され、「セレブご愛用」としてのお墨付きを得たからである 。 セレブも使う高級感とおしゃれ感、数量限定の希少価値が女性の心をくすぐったようだ。

   また、エコバッグには、他の有名ブランドも参入している。ベネトンは、カラフルな10色を用意(「キッチンエコバッグ」を500円で)、お得意の鮮やかな色づかいで人気を博している。エルメスは、高級ブランドらしく15万8550円のエコバッグ「シルキーポップ」を発売している。

 15万円以上もするバッグに、198円の大根やネギをいれるかどうかは、個人の自由!?

環境にやさしい、地球に優しい、などどんな生活様式をとるかこれからは、誰もが考える時代になった。

海外から授与される博士号はホンモノ? それともニセモノ?

 以前から問題にされていた、海外から授与される「ニセ学位」問題。教育活動の実態がないにもかかわらず、大学として、博士号などのニセの学位を、授与する海外の団体が増えていることに対し、文部科学省は、ニセの学位を持つ大学教員の実態調査に乗り出した。

 対象となる教員は、国公私立すべての大学となる。同省では、秋ごろに結果をまとめ、公表したいとしている。

 「ニセ学位」を授与している疑いがあるとしているのは、アメリカ、中国、イギリス、オーストラリアに所在地を設定していながら、国から大学と認定されていない団体。文部科学省は、国内の各大学に対して、これらの団体から学位を授与された教員について、順次、尋ねていくということだ。

 アメリカでは、こうした団体で取得した学位を、就職などに悪用するケースが相次いでいることから、このような団体を「ディグリーミル(学位工場)」と呼んでいるようだ。

 我が国でも、国会などで、ニセ学位とみられる学位を持つ大学教員の存在が、指摘されたことがあった。

 社会保険労務士法人パートナーズ(代表社員篠塚祐二、福岡市)は、企業経営者や人事担当者がネット上で就業規則のテンプレートを無料でダウンロードして、コンテンツを読みながら従業員のやる気を高める就業規則が作成できるサイト「就業規則オンライン工房」を開設した。
このサイト、仮オープンは4月であったがこれまでの3ヶ月で約100社の利用実績がでたので今回の開設になった。

今後は、社会保険労務士への初回相談を無料にして利用者が自社実情に合わせ法的リスクのない規則を作成することを支援する予定だ。


労働基準法改正案や労働契約法案など、雇用に関する法的環境が様変わりする中、十分な法律知識のない中堅・中小企業の労務管理をサポートする必要がある。弁護士や社会保険労務士と顧問契約するのが通常だた、近くにそうした専門家がいない場合や契約するまでに至らない企業が、手軽にネットで就業規則や賃金規定を作成又は変更したいというニーズは多くなると読んでいる。


専門家に相談したい時は、電話相談、メール相談及びテレビ電話相談の機能を用意して遠隔地でも移動時間を気にすることなく相談できる。


同サイトの特徴は、やる気創造型の就業規則を作成しよう、と呼びかけている点。従来、就業規則は経営者が一方的に作成するのが一般的で、どうしても経営者サイドの規定になりがちなのが弱み。

ところが、「社労士法人パートナーズ」では、従業員を企業発展のパートナーと位置づけて、対等の立場で労働条件を決定していくことができれば、社員のやる気を喚起することができると考え、そういう観点から、適正に成立した労使協定に基づく時間外労働・休日労働や裁量労働制度を運用すればサービス残業を防止できるとしているほか、「社長懇談会の規定化」や「従業員による自主委員会規定」などを例示しているところがうれしい。

業績につながる従業員の行動を習慣化することで、企業の業績向上が見込める。


経営者からの期待行動を服務規則に規定化することで、良い行動をとった社員を表彰し反する行動が多い社員には奮起を促すことができる上、その際の行動評価は上司・同僚・部下からの多面評価が効果的であると言う。

秋学期入学希望者の疑問にこたえ、東京、大阪、福岡を巡る

 サイバー大学は、IT分野における複合的なニーズに応える人材を育成するIT総合学部と、複眼的視野で環境や文明のあり方を考える世界遺産学部を有する、今春、設立したばかりの大学である。講義は、すべてインターネットで行われており、新たな修学スタイルを提供していることで話題を呼んだが、実際のところはどうなのか……。

 夏休みは、各大学でオープンキャンパスが催されるが、サイバー大学でも同様のイベントが開催される。直接、大学側の話を聞いたり、入学を検討してみたいという人を対象とした「オーブンキャンパス〜秋学期生募集説明会〜」。期間は7月27日から8月11日まで。東京、大阪、福岡の3ヵ所で順次開催するとのこと。

 この説明会では、実際の授業のデモンストレーションを行うほか、学生どうしの交流の様子や、在校生の声も紹介される。

 参加費は無料で、大学説明、授業デモなどが50分、質疑応答が30分予定されている。

 参加者には、サイバー大学特製グッズが配られるとのこと。なお、サイバー大学の新入生募集は春と秋の年2回。秋学期生の募集は9月3日までとなっている。

サイバー大学

 特定非営利活動法人 インターネット・ラーニングアカデミー(=通称 アイラ・理事長:吉田眞・東京大学大学院工学研究科教授))は、7月20日に「アイラカンファレンス2007  ~ラーニングイノベーション~」の参加申込み受付を開始した。


 アイラは、これからの日本をつくる人材を育成するために、学校教育・大学教育・社会教育の分野において、ITを活用した新しい学習環境の実現やIT技術者育成を推進するNPO。
 

 その活動の一環として、年に一度、教育関係者を対象に、IT技術教育、教員のIT活用の促進、IT技術に関する最新技術の提供などを目的とした公開講座「アイラカンファレンス」を開催している。第6回目の今年は、「ラーニングイノベーション」をテーマに開催予定だ。

■開催概要
○行事名:アイラカンファレンス2007 ~ラーニングイノベーション~
○開催時期:2007年8月7日(火)~9日(木)
○主催:
特定非営利活動法人インターネット・ラーニングアカデミー(ILA)
○開催場所:
日本大学文理学部 百周年記念会館(国際会議場)
○後援:
文部科学省・経済産業省・総務省・東京都教育委員会
(財)コンピューター教育開発センター(CEC)
(社)日本教育工学振興会(JAPET)
インターネット教育協議会(VIC)
○参加定員:200名
○対象:全国の教育関係者・教員志望者
○主要セッションと参加費:
【スキルキャンプ分科会】
・『ITスキルキャンプ』資料代1,000円(ILA会員は無料)
【教育の情報化分科会】
・『D-projectワークショップ』資料代1,000円(ILA会員は無料)
・『e-Teacher養成講座』資料代1,000円(ILA会員は無料)
【IT技術者教育支援分科会】
・Netacadテクニカルセッションなど全4タイトル 一括50,000円(ILA会員は無料)


特定非営利活動法人 インターネット・ラーニングアカデミー

 気持ちを癒し、暮らしに潤いを与えるのがペットの存在だ。ペットとして、人気の高いのが犬。そこで、「ワンコとながく暮らすためのお店」をコンセプトにした、犬にも飼い主にも優しいペットショップが誕生した。お菓子とペットの専門学校ビジョナリーアーツ(渋谷区 代表:安達建之)がプロデュースする、Brownが、展開中だ。

  「ワンコのようちえん」では、飼い主と愛犬のよりよい生活サポートのために、食べる、遊ぶ等の健康管理を含めたしつけのレッスンを、店舗だけでなく飼い主様の自宅でも実施できる。「トリミングサロン」では、犬種毎、その犬毎に最適な方法で、カウンセリングを交えたトータルケアができるなど。  そして、取扱う手作りフードは、無添加、無着色、保存料を一切使用せず、健康を第一に考えた商品で、病気やアレルギーで食生活のコントロールが必要な時だけでなく、普段からも摂取したい商品が豊富にある。

 更にうれしいのは、完全オーダー制の「手作りバースデーケーキ」。愛犬の好み、性格等をヒアリングし、世界でたった一つだけのオリジナルケーキを提供していることだ。  また、7/20(金)からは、ペットホテル/一時預かりのサービスがスタート。「のんびりリラックス」をコンセプトに、自宅で過ごすような感覚で愛犬を預けられるサービスも開始した。至れり尽くせりのペット専門ショップだ。 

  Brown 〜ワンコとながく暮らすためのお店〜 

  ハリー・ポッターシリーズが話題!最新映画、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』が公開されたり、7作目の本が世界中で発売されたりと、「ハリポタ」が注目を集めている。

 ところで、ハリー・ポッターの英語はどれくらいのレベル?って考えたことあるだろうか?
原作者J.K.ローリングの要望で、主な登場人物をイギリス人俳優が演じているため、全体的にイギリス英語が中心で、中級くらいだという。でも主演のラドクリフ君の英語は、クリアだ、ということだ。 

 そこで今回は、本から映画まで、PCから携帯まで、オンラインからオフラインまで、英語学習や国際交流に役立つ「ハリポタ」に関する全6種類のコンテンツが一同に見られるハリー・ポッターの特集サイトの紹介をしよう。 

  いくつかの特徴は以下のよう。楽しみつつ英語も学べるのがうれしい。

・英語映画レビュー『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』では、英語のレベル解説や映画の中の英会話フレーズ、予告編などが分かる。 
・ラドクリフ君の来日記者会見の模様をオリジナルの英語、重要ボキャブラリーとともに読める。
・PCクイズ「ハリー・ポッターで英語リスニング」として、めざせ全国1位!英語のリスニング力と「ハリポタ」知識の両方をUP! 
・携帯クイズ「ハリー・ポッターと英単語タイピング」、意外と難しいハリー・ポッターの英単語をタイピングで学習できる。

 これらをすべて無料で学べるというので、かなりお得。加えて、ガイド本「これさえあれば、10倍楽しい!ハリー・ポッターの世界がわかる本」(これは定価1,260円)があると、完璧かも。

 「ハリー・ポッター大特集!」 

映画鑑賞は自分のパソコンで! テレビを使った無料配信にも前向き

 NTTレゾナントと三菱総合研究所の調査によると、インターネットの無料動画配信サービスを「利用した経験がある」という回答は51.4%で、全体の半数を超えた。2006年の前回調査より34.4%増加した。

 また、「経験はないが今後利用したい」という回答は、前回の40.8%から28.5%に減少していることがわかった。  無料動画配信サービスの利用頻度は、「週1回以下」が八割を占める。視聴ジャンルについては「映画」(39.6%)、「音楽」(35.3%)、「アニメ」(34.1%)。週末の娯楽に一役かっている様子がうかがえる。  

 利用に際しての不満は、「CMがスキップできない」「うまくつながらないことがある」「録画できない」など。  また。若年層ほどテレビから離れ、インターネットの動画配信サービスに移行する傾向がみられた。特に10歳代では、動画視聴時間全体に占めるテレビの割合が60%台(録画視聴を除く)まで低下。

 逆に、インターネットによる動画視聴の割合は10%を超えた。YouTubeなど、魅力的な動画共有サイトに、多くの人気が集まっているもよう。

 なおテレビを使ったインターネット無料動画配信サービスに対しては、「利用したい」「すでにそうしている」との利用に前向きな回答が、過半数を超えた。無料動画配信サービスの経験がない人でも、「テレビから利用したい」という回答では六割を超える。 

  NTTレゾナントと三菱総研は、将来、家庭のテレビから容易にインターネット無料動画配信サービスが視聴可能になることで、利用層が拡大するとみている。(調査・「gooリサーチ」)

  NTTレゾナント三菱総合研究所

選挙が分かる! 2007参院選を辞書で読む

 株式会社エアは、ケータイ向けに提供する辞書サービス「JLogos」で参院選特集コンテン「JLogos 2007参院選」をリリースした。

 テーマはズバリ「辞書で読む2007参院選」。今回の参院選を理解する上で、要となるキーワードを辞書で解説したもの。内容は、基礎知識から法律に関わるもの、ちょっとした雑学までを網羅している。参院選直前ということで、今回の選挙の争点や各党のマニフェスト(抜粋)についても記載。

 「比例代表」なんてコトバは、中学時代を最後に記憶の彼方…という人を始め、以下の5つの症状に効果があるとか。

(1) 人に隠れてこっそりレベルアップしたい
(2) 今さらひとつずつ調べるのが面倒
(3) とにかく今この場で知りたい、そして5分で理解したい
(4) 2005年の衆院選も振り返りたい
(5) そもそもどんなコトバがあるの・・・?

※ 選挙当日の情報更新もあり。

■ケータイ辞書『JLogos(ジェイロゴス)』

【本件に関するお問い合わせ】
 株式会社エア

英検留学審議会(JECSA)主催の講演会 

 1963年の第1回実用英語技能検定以来、延べ7500万人が受験してきたという「英検」。(財)日本英語検定協会は、国内で高い評価を受けてきた英検が国内のみならず海外留学時にも認められるように、2004年より活動している。

  英検は、問題の質が高く、スピーキングも含めた「聞く・話す・読む・書く」の4技能を正確に測れるだけでなく、受験者の利便性を考慮した試験会場の多さなど多くの点でも評価されている。また、今では、約280の北米カレッジや大学、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州立高校などで、留学生の語学力を証明するものと位置づけられており、英検資格を活用した海外留学も選択肢の一つとされている。  

 このたび、英検留学審議会(JECSA)主催による海外留学に関する講演会が下記の日程で開催される。ゲストは国際教育の最前線で活躍中の生島ヒロシ氏。講演会とパネルディスカッションも予定されている。

 東京会場日 時: 8月25日(土)13:00〜17:00

 会 場: アルカディア市ヶ谷大阪会場日 時: 8月26日(日)13:00〜17:00

 会 場: 大阪会館

 主催:財団法人日本英語検定協会 英検留学審議会(JECSA)後援:文部科学省(申請中) オーストラリア大使館

 詳細http://www.eiken.or.jp/news/backno63/index.html

業界に合わせた企業研修プログラムをスタート! 

 ソーシャルキャピタル総合研究所(代表取締役・後藤幸一)は、人間関係を原因とした離職率が非常に高いと言われるIT業界に特化した、ITエンジニア向け企業研修パッケージ「つぶれない!ITエンジニア育成」をリリースした。  

 研修の趣旨としては、エンジニアにありがちと言われる「悪気の無いコミュニケーションミス」や、それによるトラブルの発生を理解し是正することを目的としている。更に、円滑なコミュニケーションを行うための能力を伸張させ、その結果、人間関係によるストレスを軽減できるようにすることを目指した研修である。  

 資格取得やスキル習得が目標になりやすいエンジニアに対し、コミュニケーション能力を発揮しなければ成立しないゲームやワークを主体としたプログラムを提供することにより、コミュニケーションの必要性や自身の能力に対する気づきを与えつつ、コミュニケーション能力を伸ばしていくというものだ。

  組織としては、生産性の向上とメンタルヘルス対策による離職率の抑制を、個人としてはコミュニケーション能力の向上とエンジニアとしての生産性の向上を目指すものとする。

【お問い合わせ】株式会社ソーシャルキャピタル総合研究所

 パソコン、インターネットと携帯電話が普及してきた中で自宅にいても仕事の出来る環境が作られるようになった。一時期、巷でも「在宅ワーカー」という言葉が流行った。言葉が流行っただけで、企業が大量にその制度を採用した、という話しは聞かなかったような気がするが、実際はどうだろうか。

 と言うわけで、JR東海エクスプレスリサーチとインターネットコム社がこの4月にインターネットによる「在宅ワーカー」についての調査、アンケートを実施した。 調査対象は、20代~60代の民間企業に勤務する男女330人にアンケートを実施した。有効回答数は、330人だった。

*<「在宅ワーカー」という言葉を知っているか>
 調査対象330人のうち、現在も民間企業に勤務していると回答した297人に対して「在宅ワーカー」という言葉を知っているかどうかを聞いてみたところ、52.9%(157人)が「よく知っている」と回答。

*<勤務先に「在宅ワーカー」の制度はあるか>
「在宅ワーカー」を「よく知っている」と回答した157人に、自分の勤務先に「在宅ワーカー」制度があるかどうか聞いたところ、8.9%(14人)があると回答した。現在も民間企業に勤務しているという297人に対する割合は4.7%だった。
 このようにに、5割以上の認知度があるにもかかわらず、導入している企業はわずかなようだ。
 雇用が流動的になり、仕事の領域も拡大の一途だ。働き方のひとつとして、在宅ワークを選択するにも、きちんとした基礎、または資格、などがあれば鬼に金棒かも。

「ゆるしのメッセージ」〜最高の自分をつかむために〜

 心理カウンセラーの養成校・敬愛ビジネス学院は、現役セラピストであり同学院学長である倉成 央が書いた、セルフカウンセリングのバイブル、『「ゆるしのメッセージ」〜最高の自分をつかむために〜(かんき出版)』を出版した。

 主人公の女性は、夫や子供にイライラをぶつけては自己嫌悪に陥っていたが、カウンセリングを受け、ネガティブなメッセージからすことができた。驚くべく変化を遂げた彼女の真実の物語を、現役セラピストが書いた本書は、まさに、なりたい自分に生まれ変わる為の書なのである。

 著者は、現役セラピストであり、数々のカウンセリング実績をもつ倉成央。実際のカウンセリングを基に執筆されたものだが、自分の性格を変えるための一つの方法として、セルフカウンセリングを身近に感じて欲しいという。本書には、誰でも簡単に自分自身を見つめ直すことができるエッセンスが盛り込まれてり、自分でできるセルフカウンセリングのフォーマットも付いている。

敬愛ビジネス学院

「比較サイト」「掲示板サイト」「検索エンジン」などで情報収集!

 

  パソコンを購入するとき、どうやって購入するのだろうか?このたび、ヤフーバリューインサイト株式会社(本社/東京都中野区、代表取締役社長:田部信)では、20〜59歳の男女を対象に、パソコンをテーマとして調査を実施した(「検索と情報収集プロセス」分析シリーズの第10回目)。

 パソコンを購入する際のプロセスを「きっかけ」「情報収集」「比較検討」の3段階に分け、それぞれの段階でどのような媒体を利用したか、検索エンジンを利用した場合、どのような検索キーワードを入力したかなどを調査。また、パソコンを実際に購入した際には、どのような経路で購入したかについても回答を求めたもの。

 パソコンの購入を検討する際、そのきっかけとして3人に1人が「量販店などの店頭」と回答。「検索エンジン」は「テレビCM」とほぼ同じ率だったが、情報収集の段階では、半数近い人が「メーカーのホームページ」を利用していることが判明。

 また「比較サイト」「クチコミ・掲示板サイト」「検索エンジン」など Web系の情報源を利用する人が、この段階で急激に増えていることもわかった。比較検討の段階でも、「メーカーのホームページ」の利用者は多く、Web系の情報源はこの段階でも高い利用率となっている。

 パソコンの購入経路では、「量販店などの店頭」が半数近くと最も多いが、「メーカーのホームページ」「比較サイト」「ショッピングサイト」といったWeb経由での購入が、合わせて4割と「店頭」に迫る高い利用率となっている。


ヤフーバリューインサイト株式会社<詳細レポートについて>

多言語マーケティングのために

 いよいよWEBグローバリゼーションが本格化。多言語マーケティングの中心的役割を担うWEBはどうあるべきか? そして、グローバルサイトの構築方法とは? 世界の先進企業はどのような活用をしているのか?
このような基本的な疑問にこたえるべく、「グローバルビジネスのためのWEB戦略セミナー」が開催される。日本企業の海外向けサイト構築、海外法人/支店とのイントラサイト構築を考えてる人を対象としたもの。

 このセミナーは、株式会社ファインドスター主催の第2回広告メディアForumの目玉企画でもある。

■テーマ:
【グローバルビジネスのためのWEB戦略】
〜グローバルサイトの構築方法とは?〜

■日時: 2007年7月25日(水)14:15〜15:00

14:15〜14:45
講演【グローバルビジネスのためのWEB戦略】
〜グローバルサイトの構築方法とは?〜

WIPジャパン(株)代表取締役社長 上田輝彦

14:45〜15:00
質疑応答の後、名刺交換・交流を予定。

■会場: ベルサール九段 東京都千代田区九段1−8−10住友不動産九段ビル
■定員: 50名(定員になり次第締め切らせていただきます)

■お問合せ
WIPジャパン株式会社
〒102-0093 千代田区平河町1-4-12 KDX平河町ビル
TEL 03(3230)8200  FAX 03(3230)8050

簡易計算できるページにアクセスが80万人!前年同月比約5.7倍の225万人に急増。

 年金記録問題で注目を集める「社会保険庁」ホームページの利用者数が、前年同月比約5.7倍の225万人に急増した。

 常に通常上位をしめていた「国土交通省」(168万人)や「厚生労働省」(133万人)を抜いて、官公庁ホームページでトップとなった。インターネット利用動向情報の統計調査を行うネットレイティングスが7月19日、発表した官公庁サイトにおける6月度のインターネット利用動向に関する調査で、堂々の一位だ。 同社によると、同庁ホームページの今年3月までの月間利用者は50万人未満だったが、
年金記録漏れが発覚して以降から利用者が増え、5月度には80万人と記録を更新したばかりだったという。

 同庁サイトで実際に利用されたコンテンツ別でみると、今回の年金記録問題に関する文書や広報資料を集めた特設ページの利用者は44万人。また、最も利用者を集めたのは、Webページ上で年齢や加入期間を入力することにより年金見込額の簡易試算ができるサービスで97万人となっている。

◎社会保険庁ホームページ利用者の年齢別構成比

 次いで、Webページで自分の年金加入記録を確認する手続きに必要なID、パスワード発行申請や実際の加入記録閲覧を行うページにも87万人が訪問。今月17日の社会保険庁の発表によると、6月度のID/パスワード申請数は50万5,836件で過去最高を記録しており、申請ページ訪問者のうち大多数の人が実際に申し込んだことがわかる、と同社ではしている。

 利用者の年齢構成比では、40歳代が最も多く34.2%、次いで30歳代の25.9%、50歳代の21.9%と並んでいる。一般的なサイトでのインターネット利用者全体にしめる「40歳以上」の比率は半数以下だというが、同庁サイト利用者では全体の7割近くを占める結果となっている。一方、若年層の関心は低く、20代以下の利用者はわずか5.2%にとどまっているという。

 これらの結果について同社代表の萩原雅之氏は、

「自分の年金記録や見込み支給額を知る場合、社会保険事務所の窓口を訪ねる、相談の電話をかける、社会保険庁のホームページを利用するという3つの方法があります。今回のデータからは、インターネットを利用した情報確認に非常に高いニーズのあることがうかがえます」とコメント。

 さらに、「現在4週間かかるとされる加入記録閲覧ID発行の迅速化などによって利便性が高まれば、インターネットを使える環境にあるユーザーがより多く利用することとなり、不安の払拭、事務所窓口や電話相談の混雑緩和にもつながるはずです」、と分析している。

参議院選挙の 予測市場するサイトがβ実験開始

 様々な、課題をもって、参院選挙が目前だ。そんな中、予測市場の活用により参院選の結果を予測する実験サイト「参議院プロジェクト『sangi.in』:参議院選挙 予測市場」β実験が7月5日より開始している。

 これは、静岡大学情報学部佐藤哲也研究室(静岡県浜松市)が、参院選の結果について、予測市場を用いて予測する参議院プロジェクトの一環として、実施されたもので、株式市場のような仮想の市場システムを用いて、参加者が株式を取引することで将来の出来事を予測する仕組みのこと。

 今回の参院選において、政党の議席数を株価に見立てて、与党(自民党+公明党)と
野党(民主+その他)がそれぞれ何議席獲得するか予想する、と言うものだ。

 参考URL:http://sangi.in/pm/
 今後は、参議院プロジェクト『sangi.in』のサイトでは、候補者に関する情報や、候補者の政策や各政党のマニフェストの検索システム、候補者のレコメンデーションシステムなどのアプリケーションを近日中にリリースする予定だという。

 この実験は文部科学省の『情報爆発時代に向けた新しいIT基盤技術の研究』の一環だとのこと。時代は、ネットでの予測という段階にきている。与野党逆転などの予想も出る中、目が離せない。

  

 

マーケット分析、テクニカル分析、デリバティブ投資 なども学べる

 民間レベルでも、個人投資家が手軽に株式投資ができる時代となった。しかし、株式には基本的な知識が欠かせない。金融は、ドラスティックに変化するものだし、まったくの素人が長期に渡って投資するのであれば、最低限の基礎知識は身につけておかないと、投資が投機になりかねない。

 そこで登場したのが、個人向けの株式投資オンライン検定「株式投資知識・技能検定 Kabu検」だ。自分の投資スキルを測れる便利なネット検定だ。利用料金は無料だという。

 非営利組織(NPO)法人の日本金融証券知識・情報普及協会(JFS)と、株式投資教育支援ビジネスを手がけるアメンドがこの7月に立ち上げた。「Kabu検」はJFSが主催し、アメンドが運営する。オンラインで株式投資についての知識・技能の実力を判定する。
その時代や環境に応じた、株式投資のスタンダードと考えられている一般的な正しい知識・技能を問う、とうことで、出題範囲は、株の基礎知識、株式投資の実践、マーケット分析、ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析、デリバティブ投資など、株式に関する広範囲な分野。問題はシャッフルで出題され、70%以上の得点で合格する。
 

 レベルごとに問題数と回答持ち時間が異なる。初級は出題数50問で、回答持ち時間が40分。○×式が30問、5者択一式が20問の構成だ。○×式が1問2点、5者択一式が同10点で、260点満点となっている。JFSとアメンドは個人投資家を対象とした「通信教育 株式投資講座(初級・中級・上級)」も共同で実施している。「Kabu検」の設問は株式投資講座の内容と連動している。

Kabu検 株式検定

学校教育費用は小学校が6兆3000億円支出

 文部科学省では、毎年、地方教育費用の発表を行っている。平成18年度の地方教育費用」が先ごろ発表になった。

 それによると、平成17年度に支出された地方教育費総額は,169,916億円であり,前年度より2,699億円減少(対前年度伸び率-1.6パーセント)している、という結果になった。 その内訳は、小学校が63,350億円(学校教育費に占める割合45.4パーセント)と最も多く,次いで中学校が34,749億円(同24.9パーセント),高等学校(全日制課程)が27,775億円(同19.9パーセント)となっている。 

 では、一人当たり学校教育費はどれくらいだろうか?

 これによると,平成17年度の在学者一人当たり年間学校教育費は,小学校では895千円(年間・以下同),中学校1037千円,高等学校(全日制課程)1147千円となっている、と言う。
 最も多いのは,盲・聾・養護学校の8699千円で,次いで,中等教育学校の3507千円,高等専門学校の1921千円の順となっている。

 

 小学校,中学校及び高等学校(全日制課程)について,近年の一人当たり学校教育費の傾向をみると,小学校では昨年度に引き続き減少したものの,中学校及び高等学校(全日制課程)では増加傾向にある。 いわゆる消費的支出(教員給与等の経常的に支出される経費)は137,539億円で,総額の80.9パーセントを占めている。

 資本的支出(土地費,建築費,設備・備品費及び図書購入費)は1兆5,577億円(総額に占める割合9.2パーセント),債務償還費は,1兆6,800億円(同9.9パーセント)となっている。近年の支出項目別地方教育費の傾向をみると,消費的支出及び資本的支出については減少傾向にあり,債務償還費はほぼ横這いである。 


 

 社会人にホスピタリティ講座を公開

 ホスピタリティって何?その言葉の語源は、「旅人・客・宿主」を意味する[hospes]からきており、これから分かれて生じたものに[hospitalis]という言葉があり、つまり「手厚いもてなし」を意味する言葉なのだ。

 大阪学院大学(大阪府吹田市、白井善康総長)では 、建学の理念である「実践的人材の育成」の実現を目指し、産業界との連携をより強化するため、平成19 年度4 月より、社会人にホテル経営講義を公開した。

 大阪学院大学ホスピタリティインダストリー研究所の1周年を機に、同研究所が提供する「ホスピタリティ・マネジメント・プログラム」の40 数科目の中から4科目を、社会人に公開したもの。現在、4科目の内、3科目に申込みがあり、延べ18人が受講中だという。

 今回の社会人受け入れの狙いは、ホテル各社に若手社員、幹部候補生研修の一助として公開講義を活用する機会を提供することにある。
 対象科目は、「ホテル事業論(ビジネスの仕組み/マーケティング)」2科目、「ホスピタリティ・マネジメント」、「ホスピタリティ・アカウンティング」の計4科目で、いずれも、ホテル経営コンサルタント、総支配人など実務経験豊富な准教授、客員研究員、講師が担当するという。
 将来のホテル幹部に不可欠な「マネジメントスキル」について13 週にわたって体系的に講義を受講し、修了者には「履修修了証」を交付する。

 将来的には、講義科目、募集定員について拡大予定だということだ。「マネジメント」の極意が、基礎から学べる貴重な講座だ。

  ETSEducation Testing Service本部アメリカニュージャージー州)は、818日にTOEFLPBTpaper-based test)を実施する、と発表した。

 ETSプレス発表によると、日本の留学希望者が多く、TOEFL試験の需要が高いため特別実施である、と説明している。現在TOEFLテストの主流は、インターネットを介して受験するiBT(インターネットテスト)で、iBTの受講可能人数は、設備上限定されている。  

 ETSでは、例外措置として、iBT受験センターがない地区などでPBTを実施することがあった。818日のテストは、東京、名古屋、大阪市で実施される予定だと言う。

 

 

慶応大学がグーグルの図書館プロジェクトのパートナーに

 慶應義塾大学の図書館には 200 万冊以上の書籍があるが、今後、著作権の保護期間の切れた書籍約 12 万冊を対象として、Google と協同して書籍のデジタル化に取り組む、と発表した。

 慶大は日本の図書館としては初めて、Google ブック検索 図書館プロジェクトとして、パートナーシップをとり、世界中のグーグルユーザーが、Google ブック検索で検索をすることにより、書籍の閲覧をすることが可能になるという。

 Google ブック検索は、現在、書籍は 2 つの方法でデジタル化されている。
1つはパートナープログラムであり、これは書籍の販売促進のために出版社から書籍をいただき、一部のページのみ閲覧可能とするもの。
 もう1つが図書館プロジェクトであり、著作権の保護期間の切れた書籍を対象にスキャンを行うものである。
 

慶應義塾図書館長の杉山伸也氏は、このプロジェクト開始にあたり、以下のコメントをしている。 

 「創立 150 年を間近に控えたこのタイミングで、Googleというパートナーを得られたことを嬉しく思います。Google の図書館プロジェクトにより、デジタル化された慶應の蔵書が、国際的にも広く利用さ れ、世界の研究や教育の進展に貢献することができます。

 これは、創立者福澤諭吉が、 明治時代に情報やメディアの重要性をいちはやく認識して時代を先取りしたことを考える と、まさに慶應が日本で率先して行なうのに相応しいプロジェクトです」。

 この取り組みは日本で初めて、Googleブック検索ライブラリ図書館プロジェクトとしては、26 番目ということだ。

介護、医療はこれから伸びる職種~企業統計調査から見る

  「平成18年事業所・企業統計調査 速報結果」が厚生労働省からでた。
これから、どのような事業が時代に乗れるのか、衰退するのか、将来の仕事選びにも
多いに影響あるところ。
社会的には、「介護がビジネスになる」というのは良いがお金儲けに走り、不正を行う大手介護事業者が摘発されたばかりだ。

さて、全体傾向として、「医療、介護、福祉、訪問介護」といったキーワードがこれからの事業も増加傾向にあるようだ。概観してみよう。

まず、
 <事業所数>
  5年前に比べ事業所数は,6.9%(年率1.4%)の減少,従業者数は2.3%(年率0.5%)の減少している。平成18年10月1日現在の我が国の民営事業所数は、591万1千事業所(事業内容等が不詳の事業所を除く),従業者数は、5878万8千人(うち男性は3382万8千人、女性は2496万2千人)。

<「医療,福祉」の事業所数が大幅に増加>
 平成13年に比べ,産業別の事業所数は,「医療,福祉」(17.9%増)で増加,「製造業」(14.8%減),「卸売・小売業」(11.2%減)などで減少している。

 従業者数は、「医療,福祉」(23.5%増)で大幅に増加、「建設業」(16.2%減)、「製造業」(9.5%減)で大幅に減少している。産業小分類別にみると、更生保護施設や訪問介護事業などの「その他の社会保険・社会福祉・介護事業」(事業所数151.9%増、従業者数141.5%増)、「労働者派遣業」(同147.3%増、同140.5%増)で事業所数、従業者数が共に大幅に増加

 時代を反映し、高齢者向けの事業が拡大の傾向にあるのは、今後の人口動態などからも必須の状況だ。今後資格や検定などを考えている方は、こういった情勢も背景にし賢い職業選択を考えてみるのはいかがだろう?

  「平成18年事業所・企業統計調査 速報結果」厚生労働省

    企業選びは 「自分を生かせる、仕事が面白い、技術」の順

           ~ 「働くことの意識」調査 結果から

 財団法人社会経済生産性本部(理事長 谷口恒明)と社団法人日本経済青年協議会(代表幹事田所 稔)は、平成19年度新入社員を対象に実施した「働くことの意識」調査結果をとりまとめた。この新入社員の意識調査は、昭和44年度に実施して以来39回目。 <情報源は説明会とHPが圧倒的>就職活動で利用された情報源は、「会社説明会」(85.2%)がトップに返り咲き、ついで「インターネットの企業ホームページ」(83.9%)の順となった。
 就職先の企業を選ぶ基準では、最も多かった回答は「自分の能力、個性が活かせるから」で、全体の28.8%であった。以下「仕事がおもしろいから」(21.3%)、「技術が覚えられるから」(14.1%)など、個人の能力、技能ないし興味に関連する項目が上位を占めた。反面、勤務先の企業に関連する項目は低い水準にとどまり、。「会社の将来性」(9.0%)、「経営者に魅力を感じて」(4.7%)、「一流会社だから」(5.0%)、「福利厚生施設が充実しているから」(1.6%)などとなっている。昨今の終身雇用制の後退を背景とする、「就社」より「就職」という傾向を反映しているものと思われる。
 

<人間関係を広げたい>

就労意識については、1位「仕事を通じて人間関係を広げていきたい(95.4%)」、2位「どこでも通用する専門技能を身につけたい(93.1%)」、3位「社会や人から感謝される仕事がしたい(92.9%)」であった。 仕事中心か生活中心かでは、「仕事と生活の両立」という回答が大多数(79.8%)を占め、「仕事中心」(9.6%)、「生活中心」(10.6%)、という回答を大きく上回る。
 一般的な生活価値観では、自分らしくポジティブに生きることが志向され「明るい気持ちで積極的に行動すれば、たいていのことは達成できる(84.3%、2位)」「他人にどう思われようとも、自分らしく生きたい(83.0%、4位)」が上位を占めた。
 

「ブログやSNSの参加率」は、全体で59.0%、男女別では男性54.3%、女性66.9%であった。
この傾向はますます続くだろう。新入社員の意識。時代を反映しているようだ。

さて、あなたの会社の新入社員と、比べてみていかがだろう?

 

  

 

 イギリスのEconomist Intelligence UnitEIU誌(Economist Groupのビジネス情報部門のこと)は、711日、「IT産業競争力指標(IT industry competitiveness index)」によるランキングを発表した。
情報技術分野において、他国と競合し、生き残るために必要なサポートが提供されているかどうかを示す、というものだが、その上位10カ国は、米国、日本、韓国、英国、オーストラリア、台湾、スェーデン、デンマーク、カナダ、スイスとなっている。
 
 同指標は、ITスキルの充分な供給、技術革新を推進するカルチャー、ワールドクラスの技術インフラ、堅固な法体制、バランスの取れた政府支援、競争を支援するビジネス環境などの要因を考慮したもの。これら、上位にランク入りした国は、こういった条件を満たし、IT産業は優れた業績を発揮している。また、11位からはシンガポール、オランダ、フィンランド、ノルゥエイ、アイルランドと続き、上位22カ国のうち4カ国を除く18カ国は、いずれもIT労働生産性が高い国でもある、と言う。 
 
資料Economist Intelligence Unit
 


 

 

■ ICTインストラクタ資格とホームユーザー向け検定試験  

 マイクロソフトは、ICTの利活用による高齢者や主婦などのホームユーザーの社 会参加の機会を拡げることを目指し、ITベンダーとしては初めて、地域において、 インターネットやブログ、デジタルカメラの使い方など、日常生活におけるICTの利活用を体系的に習得できるコミュニティの創出に向けて、地域のICTを推進するコーディネーターの育成およびPCスクールや検定などを提供すると発表した。

 
 具体的には、トレーニングが実施できるインストラクタの資格 「マイクロソフト認定 ICTマスター」(以下ICT マスター)を6月上旬より、またホームユーザー向けの検定試験 「マイクロソフト ICT検定」(以下ICT 検定)を7月よりスタート。

 「ICT マスター」は、PCの初心者や高齢者の方などに最新のICTをわかりやすく、丁寧に指導ができる優れた講師を認定するもの。家庭や地域社会で役に立つPCの使い方や楽しみ方を紹介するICTマスターは、Microsoft(R) Windows(R) や Office の製品知識だけでなく、製品を利用してひとりひとりの暮らしに役立つさまざまな情報を提供できるインストラクタとして、マイクロソフトが認定。

 ICT マスターに期待されるのは、既存のパソコンインストラクタの枠を超えて、地域のICTを推進するコーディネーターとしてICTの利活用を通した地域への社会貢献活動に積極的に参加する意識の高い人で、営利団体(パソコンスクールなど)やNPO(市民活動団体)、フリーランスなど所属を問わず認定する。

 「ICT検定」は、NPOなどにおけるパソコンボランティアとして地域の情報化に携わる人、あるいは、PCを写真や絵画、音楽や語学など、趣味や生涯学習をICTでさらに楽しみ、深めたい人などを対象に。生活や趣味に役立つICTの使い方を基本としたコンテンツで構成されており、ICTを活用した生きがいづくりを目指すホームユーザーのためのスキルアップ支援。「ICT検定」試験は、全国の「ICT スクール」で受験可能とし、Webテストとしての実施を予定している。

 

 ますます進展する国際経済において、英語の力が必須といわれるが、工業英語はその中でも専門性が高く必要とされている技能の一つ。

 産業界においては、専門性の高い技術文書の書き方、表現方法等に細心の注意が必要とされる中で、工業英語の実務能力を持った人材が広く求められている。
 工業英語は一般英語と異なり、特に、想像力を働かせながら読ませる文学の言葉遣いとは明らかに異なり、読み手がいろいろに解釈することがないように、はっきりと事実を示すことが目的だという。
技術情報の交流や輸出入が増えている現在、ますます有望な資格だろう。

 工業英語にあたる英語は、"Technical Writing (in English)" または、"Technical Communication (in English)" 。受験者は、高専生と工業系高校生で約55%、企業人と一般人で約13%となっており、社会にでても工業英語を学ぶ人は多いことが分かる。合格率は、昨年のれベルで、4級が59%、3級45%、2級38、1級が16%。けっこうしっかりと勉強が必要のようだ。

 ちなみに4級レベルの試験問題の一例をあげてみよう。
“A LAN must be constructed to exchange data between computers. ”をどう訳すか?
選択肢は、次の4つから。
     1. コンピュータとLANの構成には、データを変換する必要がある。
     2. コンピュータの間に接続されたLANで、データを変換する。
     3. コンピュータ間のデータ交換には、LANを構築する必要がある。
     4. データ交換するためのコンピュータは、LANの接続が必要である。


今年の、今後の試験日程は以下のようだ。
4級  (団体受験のみ実施)  2007年9月29日(土)
1,2,3,4級              2007年11月18日(日)
3,4級 (団体受験のみ実施)  2008年1月26日(土)

工業英語検定協会はこちら 


 働ける状態なのに、働かない若者-俗に言う「ニート」。
仕事に対してどういった行動をしているのか、という調査が厚生労働省の調査で分かった。さて、ニートの働き方とは??

◎<8割近くが何らかの職業経験>を持っている 

 しかし、熟練を要しない仕事の経験者が多い。
これまでに「連続一か月以上就労した経験」のある者は79.0%。その就労経験回数は平均2.6回である。経験した職種は「サービス職」「生産労務職」「営業販売職」が多く、その雇用形態は「アルバイト」であることが多い(のべ雇用経験の64.4%)。全体としては熟練を要しないアルバイト就労が目立つ。なお一週間未満の就労経験は、全体の44.1%に見られた。
 半数以上が経験していたのは、「ハローワークに行った」75.8%、「面接を受けるために会社に電話した」68.2%、「就職の面接を受けた」64.8%、「学校でいじめられた」55.0%、「自分から会社を辞めた」55.0%。

◎ <対面コミュニケーションの苦手意識>
 一般的に就労に必要と思われる基礎的スキル6項目について苦手意識があるかを尋ねた。「人に話すのが不得意」が64.4%と突出しており、対面コミュニケーションの苦手意識が目立つ。

26項目を挙げて就労に必要な生活行動の苦手意識を尋ねると、「面接に通る」(75.1%)、「面接で質問に答える」(64.8%)、「職場で友達をつくる」(64.6%)、「上司から信頼される」(64.1%)といった項目の苦手意識が目立つ。

 一般的な対人関係を含め、コミュニケーションの苦手意識は今回調査されたニートにかなり広く共通する特性である。コミュニケーションの苦手意識が不登校、いじめ、ひきこもり、職場の人間関係のトラブルといったネガティブな体験につながり、苦手意識がさらに増幅されて就労が困難な状況に追い込まれたケースが多いと思われる。
 また、「仕事を覚える」(57.2%)、「仕事で失敗を繰り返さない」(59.8%)、「教えてもらわなくても周囲のやり方を見て覚える」(60.2%)等仕事に関して苦手意識を持つ者も多い。


◎ <ニート状態にあることに精神的な負担>
 一般的な生活意識、生活価値観を尋ねたところ。肯定的反応が80%を超える項目は、「仕事をしていないとうしろめたい」82.8%、「社会や人から感謝される仕事がしたい」82.5%、「仕事をしていくうえで人間関係に不安を感じる」80.9%、「どこでも通用する専門技能を身につけたい」80.4%であった。80%前後がニート状態であることを「うしろめたい」「世間体が悪い」と感じており、ニート状態にあることが精神的な負担になっていることがうかがえる。

  一言で、ニートといってもその実態は、意外にも後ろめたさを感じており、専門技能を身につけたいという人が多いということが分かった。若年層は、得がたい労働力。企業も、上手な活用をこころがけることが、必要な時代だ。

参考:ニートの状態にある若年者の実態および支援策に関する調査研究報告書(概要)

■トレーニングと多言語対応の強化で、世界的的にネットワーク技術者を支援

 4ヶ国語で実施される、かなりグローバルなIT資格がシスコより発表!
ネットワーク周りにかかわる人には、気になる資格試験ではないだろうか。

 シスコは7月上旬,初級レベルの新たな認定資格「CCENT」をシスコ技術者認定プログラムに追加すると発表した。8月1日に英語版を開始し,日本語,中国語,スペイン語版は今年12月に開始する予定である。

 CCENTは、ネットワークの管理業務における初級技術者の知識やスキルを認定する資格。
シスコ認定資格は、今回の拡充により技術者にとって、IT 雇用市場で差別化を図る有利なツールとなるはずだ。

 従来のシスコ技術者認定プログラムにはレベル別に3つの資格があったが,CCENTはこのうちエントリー・レベルの「CCNA(Cisco Certified Network Associate)」よりもさらに下位のレベルに位置付けられるものだ。
 カバーする内容は、初歩のネットワーク・サポートを実践するために必要な知識。
1. 小規模ネットワークを対象としたルーターやスイッチの基本知識
2. ネットワークの動作を検証するための知識
3. IPアドレスの設定や基本的なセキュリティ対策
4. ワイヤレス・ネットワークの導入など

 上級ディレクターである ジーン・ベリヴュー・ダンは 「ネットワーク技術者の仕事は豊富にあり、その業務内容はソフトウェア アプリケーションおよびシステムの設計から、すべての業種、政府機関、および個人レベルのコミュニケーションに関わるグローバル ネットワークのトラブルシューティングまで、幅広い範囲に及ぶ。

 ネットワーキングにより技術者は、世界やビジネス、人と人との対話に関する理解や能力を向上させながら、キャリアアップを実現する、幅広い機会を獲得できる」 と述べている。

(資料は、2007年6月25日に米国で発表された)

■<アメリカ、カナダ在住のIT専門技術者の34000人調査

 IT関連の資格をとると、収入にどう影響するのか、誰でも関心の高いところだ。世界的レベルでみてもどうなるのか、知りたいところだろう。

 こういったIT関連の認定資格の価値を巡る議論が続く中、資格を持つ情報セキュリティ技術者の給与水準が上昇していることが、米国フート・パートナーズLLCの調査で明らかになった。同社の調査リポートは、米国およびカナダ在住のIT専門技術者3万3,800人から得られた給与データに基づいている。

 同リポートによると、正式な資格を持つセキュリティ技術者の平均給与は、同様の職務に就いている資格を持たない技術者よりも10~15%高いという。6カ月前の時点では、有資格者とそうでない人の給与の差はこれほど大きくなかった。

 一方、情報セキュリティ以外のIT専門資格を持つ技術者の給与は、この1年間でおよそ2%下がったという。      また、数ある認定資格の中で最も高い給与が期待できるのは、CISSP(国際的に認められた
情報セキュリティ・プロフェッショナル認証資格)、CISA(公認情報システム監査人資格)、CISM(公認情報セキュリティ・マネジャー資格)の3資格だった。

米国フート・パートナーズLLC 

■アジアでも高齢化が進む

 7月11日は、世界人口デー。この日にちなみ,現在の世界の人口動向と我が国の人口についてとりまとめた結果が公表された。(総務省統計局)

 世界の人口は、約66.7億人で,2050年には91.9億人に達するものと推計されている。(*注・国際連合の中位推計による)。

 2007年の世界の人口を国別にみると,一番が中国で13.3億人(世界の人口の19.9%),次いでインドが11.7億人(同17.5%),アメリカ合衆国が3.1億人(同4.6%)などとなっており,日本は1.3億人(同1.9%)。なんと上位の6か国で、世界の人口の50%をこえる。


 2007年から2050年までに増加する人口(25.2億人)を、地域別にみると,アジア(12.4億人)とアフリ(10.3億人)で9割を占めることとなる。


統計から、言えることは
 ○ 日本の人口は,1950年の5番目から2005年には10番目だった。
 ○ 2010年には,ロシア,日本,ドイツなどで人口減少する。
 ○ 日本の人口性比は,1950年に比べ低下している。
 ○ アジアでも高齢化が進行している。

  2005年の世界の人口の年齢構造をみると,15歳未満人口の割合が28.3%,15~64歳人口が64.4%,65歳以上人口が7.3%。65歳以上人口の割合を国別にみると,日本が20.1%と最も高く,次いでイタリアが19.7%,ドイツが18.8%で、65歳以上人口の割合は,今後,アジアでも上昇し,2050年には17.5%に達するものと推計されるという。

少し前までは少子化が、大きな課題として言われていたが、今や、それほど大騒ぎもしなくなってきた。出生率も大きな問題だが高齢化は日本だけに限ったことではないアジアの問題だというのも、これからの日本社会に大きな影響を与えるものだ。



 

平成18年社会生活基本調査が発表に ― 生活行動に関する結果 ―

 昨年一年間に、どんな生活活動をしたか、という「社会生活基本調査」がこのほど発表になった。あなたは、どのクラスにはいるだろうか?

◎「インターネットの利用」
  1年間にインターネットを利用した人(10歳以上、仕事や学業での利用を除く。以下同じ。)は6750万人                 となっており10歳以上人口に占める割合(行動者率。以下同じ。)は59.4%。行動者率は,仕事や学業での利用も含めた平成13年 (46.4%)と比べても,13.0ポイント上した。

 この傾向はますます進むだろうと思われる。
 
◎「学習・研究」
  1年間に「学習・研究」を行った人は3998万人。行動者率は35.2%で,5年前に比べ,1.0ポイント低下。低下幅が大きい「学習・研究」の種類は、「パソコンなどの情報処理」(4.2ポイント低下)。
 
◎「スポーツ」
  1年間に「スポーツ」を行った人は7423万6千人。行動者率は65.3%で,5年前に比べ,6.9ポイント低下。種類別では「サッカー」を除くすべての種類で行動者率が低下した。
 
 ◎「趣味・娯楽」
  1年間に「趣味・娯楽」を行った人は9646万4千人。行動者率は84.9%で,5年前に比べ,1.0ポイント低下。種類別では「テレビゲーム,パソコンゲーム」,「映画鑑賞」などの行動者率が上昇している。
 
 ◎「旅行・行楽」
  1年間に「旅行・行楽」を行った人は8660万7千人。行動者率は76.2%で,5年前に比べ,4.7ポイント低下。「旅行・行楽」の種類別では,「業務出張研修・その他(海外)」を除くすべての種類で行動者率が低下。(「旅行・行楽」については,仕事や学業を含めている。)
 
 

  


 

 「トップ営業マンは一言で決める」   セレブレイン代表取締役 高城幸司著 
 
頑張っているにもかかわらず、思うような成果がでない-営業マンの悩みにズバリ答えるこの本。

初対面で相手をグッと惹きつける一言とは?
「お噂はかねがねお聞きしております」 、「御社と一緒に成長してゆきたいと思います」
などなど、すぐに使える言葉が並ぶ。
 聞き方ひとつで、状況が変わる、、という項目では、具体的な状況での切り抜け方を示す。
 「それは違うと思いますね。絶対こっちの商品のほうがいいですよ」などと話を遮られ否定されればお客さまは心を閉ざしてしまう。そんな時は、話の腰をおらず、「その意見は参考になります」または、「私も気づいていませんでした、持ち帰り調べてみます」など、と本音を話したくなる“状況”お膳立てする、と説いている。

 リクルートのトップセールスマンを6年勤め、現在はベンチャー企業の人事戦略コンサルテーションをしている著者だが、リクルートで営業を始めたころうまくいかずに、何度も「辞めたい」と思っていたとか。ところが、お客様の側に立って考えた言葉を多用することをしているうちに成果がでてきた。

著作は、その多用した言葉を、公開しているものだ。「お客様は断りのプロ」と感じた著者が、たどり着いた「プロ営業マントーク」ともいえる一言は、説得力を持つ。言葉ひとつで切り開く、営業の極意。悩める営業マンの即効性ある救いとなる一冊。

  2007年6月21日発刊   すばる舎  本体価格1400円

 3  

 

■Innovative Teachers Day 2007で講演、新事業を発表

 株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:はが弘明)は、7月27日(金)に開催される「Innovative Teachers Day 2007」(主催:ICT教育推進プログラム協議会)にて、「子ども一人ひとりに自己実現力を ~ICT活用・個別指導・学力向上を推進する情報基盤、Learning Gatewayのススメ~ 」と題して講演する。
 同時に、同社の新事業も発表の予定だ。

 講演概要は次のとおり。“Learning Gatewayのススメ” で講演 ~ デジタル・ナレッジ
・Learning Gateway,学校向け情報基盤を利用するには
・Learning Gatewayで加速するICT活用教育
・学校現場でのeラーニング活用モデル
・世界初のHosted Learning Gatewayサービス

【Innovative Teachers Day 2007 概要】
日 時: 2007年7月27日(金)10:00開場
会 場: 秋葉原コンベンションホール 

【Innovative Teachers Day 2007 概要】の詳細はこちら

      

 

教育の情報化に “Innovative Teachers Day 2007 ”開催される

 現在、文部科学省では、平成18年からの国家戦略である「IT新改革戦略」(平成18年1月IT戦略本部決定)に基づき、教育の情報化を総合的に推進しているところだ。
 
 ICT教育プログラム推進協議会が主催する『Innovative Teachers Day 2007』が下記要領で開催される。本年のテーマは『学校のICT化成功の鍵はここにあります』。


<基調講演1>では 、ICT教育推進プログラム協議会会長、独立行政法人メディア教育開発センター理事長
清水 康敬 氏が「学校のICT化を成功させるための必須5カ条」で講演する。
<基調講演2>では、「今、学校が求めているICTソリューションとは」としてマイクロソフト株式会社代表執行役 兼 COO樋口 泰行 氏の講演、
<基調講演3>では、「ICT活用と基礎学力向上 ~ICTは紙より強し~」として立命館小学校・副校長の陰山 英男氏が講演する。 

 また、学校における「ICT標準モデルとは」として、パネルディスカッションも予定されている。
その他、講演では、「子ども一人ひとりに自己実現力を~ICT活用・個別指導・学力向上を推進する情報基盤、
Learning Gatewayのススメ~」 株式会社デジタル・ナレッジ 他などがある。

【Innovative Teachers Day 2007 開催 概要】
日 時:2007年7月27日(金)10:00開場
会 場:秋葉原コンベンションホール 

関連情報はこちら

 語学熱が高い日本人。特に英語学習は、かなりの数の人が、スクール、教材、本、通信教育などで、学んだ経験があるのではないだろうか?

 この4月ー5月にかけて、調査会社矢野経済研究所が語学ビジネス市場規模を調査した。概要を紹介する。

◇ 語学ビジネス市場全体(周辺ビジネス含む)は8,126億5,500万円。

 2006年度の周辺ビジネス(語学試験市場、留学斡旋市場、通訳・翻訳ビジネス市場)を除いた語学ビジネス市場は、対前年比1.7%減の5,542億5,500万円、周辺ビジネスを含めた語学ビジネス市場は、対前年比0.1%減の8,126億5,500万円だった。
 矢野経済研究所が、2007年4月から6月までの間、外国語学校、出版社、電子辞書メーカー、PCソフトメーカー、e-learning事業者、通信教育事業者、語学学習教材販売事業者、資格試験運営団体、留学斡旋業者、通訳・翻訳ビジネス事業者 等 約200社を調査。

対前年比減少の要因としては、企業活動は活発であるが個人消費の落ち込みで、語学スクール等のB to Cの市場が一部除いて停滞気味になっていることが挙げられる、という。

◇ DSが牽引したゲーム機向け学習ソフト新市場

 2006年1月発売された「英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け」が大ヒットし、2006年9月から京都の中学校で英語学習にニンテンドーDSが試験的に導入される等、2006年度以降のゲーム機向け学習ソフトが注目を集め、新市場を築いている、といえる。

 2006年度のソフトウェアの市場規模は、ゲーム機向け学習ソフトが新市場となった状況があり、59億5,000万円の内、ゲーム機向け学習ソフトの割合は53億円に達する、という。
 
 英語以外の他言語(スクールおよび通信教育)で最も人気が高いのは、中国語だという。日中の経済交流が盛んになっていることから、これが拡大傾向にあり、37億5000万円規模だった。次いで、韓流ブーム以来、一定の人気を保っている韓国語が26億円と続いた。

3  

 

 「USBメモリをパソコンに挿した途端、ウイルス対策ソフトが、ウイルスを検知した」。こんな内容の相談がこの6月、IPA(情報処理推進機構)に寄せられた相談に多かったという。

 IPA発表の2007年6月の「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況」 によれば
 ウイルスがパソコンからUSBメモリーに感染し、その感染したUSBメモリーからパソコンへ二次感染して、感染が広まっている模様。さらに、5月、6月のコンピュータウイルスの発生状況から、USBメモリーなどの外部記憶媒体を媒介して感染するウイルスが複数出現もしている。


 USBメモリーなどの外部記憶媒体に感染するウイルスは、外部記憶媒体などに自分自身をコピーするとともに、パソコンに挿入された際にウイルスを自動実行するよう、Autorun.infを外部記憶媒体に作成するものがある。
 また、2007年6月の、ウイルスなどの届け出件数などを公表した。ウイルスを発見届け出件数は2898件で、5月の3383件と比べて14.3%減少した。ウイルス発見総数は約50万個。これは5月の約77万個から35.5%減少した。
 対策は、ウイルス対策ソフトの定義ファイルを最新の状態にしておくことや、Windows Updateなどでセキュリティパッチをきちんと適用しておくこと、などだ。
また、2007年6月の、ウイルスなどの届け出件数などを公表した。ウイルスを発見届け出件数は2898件で、5月の3383件と比べて14.3%減少した。ウイルス発見総数は約50万個。これは5月の約77万個から35.5%減少した。 

 

 

アメリカの検索市場調査で、グーグルがトップ、次いでヤフー

 

 アメリカの検索市場規模のデータが、米国調査会社Hitwiseから発表になった。
2007年5月末日で、シェアトップのGoogleは、65.13%を占める。2位はYahoo!(20.89%)、3位MSN/Live.com(8.4%)、4位Ask.com(3.92%)と続く。残りの 1.66%が、その他49の検索エンジンが占める、ということだ。


 Hitwise社によると、Googleの前月のシェアは65.26%で、前年同月のシェアは59.27%だったので、月ごとに順調にシェアを伸ばしていると言える。Yahoo!は、前月20.73%、前年同月 21.95%で、前月から若干シェアを回復させた模様だ。


(Hitwise社は、米在住1000万人のインターネットユーザーを対象に調査を実施している調査会社。資料:「Google At 65 Percent Of All U.S. Searches In May 2007 」 より)



 

新刊 「すごい実行力」 石田 淳著


 才能、実力、意思の強さ、人脈、運・・・??実は、決定的な差は、「実行力」の違いにある。何かで成功した人は、「すごい実行力」を持っている、と著者は言う。 そのずば抜けた「実行力」を身に着けるために、成果のでるノウハウを解説している。この説明は、人間の行動メカニズム分析から生まれているとか。
 

 たとえば、「3日で成果がでる」を体験してみよう、の項目では、

1)やるべきことは時系列で書いて時系列で消す

2)「やらなければ困ること」を書き出してみよう

3)時に「人の目を徹底的に意識してみる」    などなど。

 すぐにでも、使えそうなノウハウが詰まっている本だ。 

 

 出版に寄せて、著者の石田淳さんは、
「本書で一番伝えたかったのは、苦手を克服するための方法です。これまで日本企業は、社員にやる気が大事だ、と精神論を持ち出して仕事をさせてきたが、今は雇用が流動的で、それは通用はしない。“脱感作法”というわかりやすく言うと「少しずつ苦手を慣らして行く方法」の臨床心理の手法から、だれでもが自信をもてるようになります」、とコメントしている。

 

 人間の行動メカニズムの、科学的分析に基づく本書のノウハウ、一読してみてはいかがだろう。


三笠書房刊  『知的生き方文庫』 定価:533円

 

 

新刊 「すごい実行力」 石田 淳著


 才能、実力、意思の強さ、人脈、運・・・??実は、決定的な差は、「実行力」の違いにある。何かで成功した人は、「すごい実行力」を持っている、と著者は言う。

 そのずば抜けた「実行力」を身に着けるために、成果のでるノウハウを解説している。この説明は、人間の行動メカニズム分析から生まれているとか。

 たとえば、「3日で成果がでる」を体験してみよう、の項目では。

1)やるべきことは時系列で書いて時系列で消す

2)「やらなければ困ること」を書き出してみよう

3)時に「人の目を徹底的に意識してみる」などなど。

すぐにでも、使えそうなノウハウが詰まっている本だ。


 出版に寄せて、著者の石田淳さんは、

「本書で一番伝えたかったのは苦手を克服するための方法です。これまで日本企業は、社員にやる気が大事だ、と絵指針論を持ち出して仕事をさせてきたが、今は雇用が流動的で、それは通用はしない。“脱感作法”という臨床心理の手法から、だれでもが自信をもてるようになる」とコメントしている。


三笠書房刊 『知的生き方文庫』定価533円

 

 

 

 

 

130分を続けなさい -人生勝利の勉強法55-」 ~新刊案内~ 

                                       古市幸雄著

 

 起業したい方、年収アップしたい方、MBAを取得したい方、TOEIC900点を取りたい方、スキルアップしたい方 、、、なんとも魅力的なカバーがつているこの本。著者の古市さんは、元報道カメラマンで、働きながら、上記の資格をほとんどとってしまった。おまけに、中学、高校の英語教師資格とか、サン・マイクロ認定のJavaプログラマなどなどまでも。

 その時間捻出の秘訣が、この本で55のコツとしてまとめられています。三日坊主にならずに勉強を続けて行くコツは、毎日たくさんしようとせず、30分を続けること。15時間、1週間するだけではなく、毎日30分を5年間続けるほうが何十倍も効果的。一日5時間を年間10日するのと、130分を300日するとどれくらい違うか?などなど、参考になることが山のように。勉強のコツは「太く短く」ではなく「細く長く」であることがコツだということを提唱しています。それには、「習慣を変えることだ」というのです。

 

マクドナルドハンバーガーを、世界的企業にした、レイ・クロックの言葉が引用されています。

  「信念と継続だけが全能である」    ( 「成功はゴミの中に」 プレジデント社)。

 

ちょっとした合間に、読める本としてお勧めです。    マガジンハウス刊 :本体価格1300

 

関西大学が実証研究 教員のストレスの解消と予防が解消へ

 学校や教育機関での子どもの問題が多々起こっている現状。そこで、教師が学校内にいながら、心の専門家のコンサルテーションが受けられる、という研究が進んでいる。関西大学が、臨床心理士の寺島繁典教授を研究のプロジェクトリーダーとして、「心理的問題援助のための包括情報ネットワークの構築と実践的援助の研究」で取り組んでいるものだ。 

  具体的には、最新のテレビ電話システムを導入していることだ。従来のテレビ会議システムでは、「画像と音声を送受信できたものの、視線があいにくく、画像がスムーズに動かない」などの課題があった。そこで、導入したシステムは、(1)ISDN接続用インタフェースユニットを通じたシステム、(2)携帯電話を活用したモバイル通信機器によるシステム、の2つのネットワークを構築した。  最新のストレス・モデルでは、人生で感じる重大な出来事(心理学では「ライフイベント」と呼ぶ)よりも、通常の生活の中で生じる嫌な出来事(日常イライラ)がストレッサーとして注目されている。

 したがって、「日常感じる気がかりなことを相談できる」、ということが防止や緩和に役立つ、とする。  モバイル通信機器を活用する利点は、設備が不要で、プライバシーが保てる、移動が容易である、ということである。実際、教諭からのリピートアクセスが多くあって利便性が高い、という結果が出ている。が反面、画像の不鮮明さ、電波障害が起こる、など課題も克服してゆかねばならない。  

 コンサルテーションの役割は、教育現場でも必要性が高いが、企業のメンタルヘルスの取り組みの中でも、インターネットを利用したテレビ電話による健康診断が開始されており、ネットワーク時代に即応した相談体制の確立が急務といえる。 

<教員数は160名、講師評価は厳しくー韓国サイバー大学の実情>

 KCU(Korea Cyber University)=韓国サイバー大学は、2000年に設立された。(*参照)教員数は約160人、在学生は、約4,300人である。

 アメリカ、韓国、イギリスといったIT先進国の、オンライン学習の実態を調査した結果を順次報告する。第2回目を紹介する。(独立行政法人メディア教育開発センター『諸外国におけるICT活用教育における調査研究』より)

  ■年間150コースを制作
 同大では、年間150コースを制作しており、動画型、リアルタイム講義型、WEBコンテンツ型、音声講義型、それらの混合型の5型がある。
 学内では、2人のシステムエンジニア、2人のデザイナーが入配置されており、コンテンツの制作にあたっては、学年年齢、学力、ICT活用能力、教育経験、学習場所、学習者の好む媒体、サポート方法、教授学習方法などを考慮して進められる。
 開発されたコンテンツについては、独自のチェックリストを作成し、画質や音声、内容の表現、用語の適切さ、対象を考慮した言い回し、学生の理解とフィードバック、中心的なテーマが明確であるかどうか、についてチェックしている。

■コンテンツ評価
 無作為に、5つの授業を抽出して、モニタリングを行い、「シラバスの設計」「インタラクション」「課題処理のよしあし」「形成評価」「総括評価の有無」等の視点で評価している。
 こうした、授業の結果、非常勤講師にはA評価であれば報償を与えるが、B評価であると「契約更新」するが、C評価であると契約更新しない、と厳しいシステム体制をとる。受講生は、すべての学習をオンラインですることが原則である。宿題も試験もインターネットを通じる。学習内容は、「質と過程に関する評価」を中心に学習管理する。

  ■同大は、世界で最初に大部分の講義コンテンツをmp3に変換し、授業と同時に提供することで、学生の24時間学習活動を支援してきた。2004年度から、入学者に学習補助道具のmp3を無償提供してきた。

*成り立ち:「財団法人韓国大学サイバー教育連合」が2001年に開校した正規の学士過程の最初のサイバー大学のひとつ。
<我が家の無駄を見直すために-阪南大で会計学の無料講座開催>

 実質的賃金の減少や預貯金の利率の目減り。年金問題等々。私たちの生活と会計は切っても切れない関係だ。
そこで、阪南大学の生涯学習公開講座では、以下の講座で、広く呼びかける。
流通学部の桜田照雄教授の講演テーマは、「会計学を学んで、我が家のムダを見直す~会計学を家計簿にどう取り入れるか。我が家の資金計画を見直してみよう~」を7月14日開催する。

 「実質賃金の減少、年金の減額問題、石油コストの上昇等は我々の日常生活に深刻な影響を与えている。「会計学」というと会社経営などで使われているというイメージが強いが、日常の家計管理にも応用することができる。この講座では、「会計学」の基礎知識を使って、企業経営者を自分に置き換えることで、我が家の経営目標・中長期経営資金計画を検討」という。

  大学の無償の講座にて、学べるチャンス。日ごろ、気になっているお金のこと、家計の無駄を見直してみるにはよいかも。

阪南大学公開講座情報はこちら
<悪徳商法の犠牲者にならないために~阪南大学公開講座>

     「悪徳商法に立ち向かう」-そんな内容の公開講座が開催される。主催は、阪南大学、生涯学習係。今年度は「生活を学ぶ~日常生活を楽しく強く生き抜くためのマル得情報」をテーマに2回の講座を開講する。

 7月7日土曜には、「経済刑法を学んで、我が身を護る~日常生活に潜むワナに立ち向かうために経済刑法を学ぶ~」を経済学部の垣口克彦教授が講演する。

 わが国における「悪徳商法」による被害者の被害はきわめて深刻。とくに近年においては、先物取引を利用する悪徳商法、現物まがい商法、投資顧問商法等が次から次へと登場し、また従来からのネズミ講やマルチ商法も繰り返し形を変えて出現している。
 この講座ではこれら様々な悪徳商法の中からネズミ講(わが国固有の旧来型の悪徳商法)を取り上げ、その刑事規制について解説することにしたい」と語る。

   社会的にみても、金銭にまつわる詐欺行為、振り込め詐欺、おれおれ詐欺など、手口も大変に巧妙になってきている。  中にはネズミ講としらずに、だましにあってしまう例も多いと聞く。ネズミ講の被害者にならず、また加害者にもならないために役立ててもらえる講義、大変に有用だろう。

阪南大学公開講座情報はこちら
<人生のストレス の20%はパソコンに起因する>

 もはや、PCは生きてゆく上のインフラに。しかし、PCやインターネットが、日々の生活の中で重要なツールとなってくるに比例して、生きる上のストレスもPCやネットが原因のものが増えている、ということだ。
 シマンテック社が先ごろ発表した調査によると。人生のストレス全般のうち、PCのトラブルに起因するストレスの割合は平均して19.6%に達する。
 一方で、ストレスの原因を上位3つ挙げる質問では、最多の「仕事」から「職場」「家族」「健康」と続いている」。

●インターネットがなくなったら7割が“生活に支障”!

 もはやPCは、私たちの生活に、切り離すことができないものになってきている。「インターネットがなくなったら?」という質問では、10%が「生きていけないほど困る」と回答した。中でも、15~19歳の女性はその割合が25%に達している。  「生きていけないと思うほどではないが、日常生活にかなり支障をきたす」と答えた人を合わせると、全体の71.9%に達する。
その理由は、「Web閲覧」(40.7%)、「メール送受信」(28.9%)が全体の7割を占め、「オンライン株取引・バンキング」「オンラインショッピング」と続く。
 なお「生きていけないほど困る」層やPCスキル上級者層になるほど、「Web閲覧」を重要だと挙げる割合が多かった。

●PCに関するストレス、一番は「動作が重い」がトップ、2位は「パスワード忘れ」

 PCに関しては8割以上が何らかのストレスを感じている。最多は「動作が重い」で66%。続いて「登録サイトなどでのパスワードを忘れる」(28.2%)が挙がった。  動作の重さは、1年前の前回調査と比べても増加しており、PCスキルの状況にも関わりない。どこが“重い”のかというと、「PCの起動に時間がかかる」(71.9%)や「アプリケーションの起動に時間がかかる」(60.9%)が多かった。

 ただし起動時間のストレスは初心者層に顕著で、上級者層では「実行や処理などの操作後、処理が終わるまでに時間がかかる」や「アプリケーション複数起動時に、画面切り替えに時間がかかる」といった動作の重さを挙げる回答が多かった。

   同社、 代表の木村 裕之社長は、「今回の調査結果から、データのバックアップを実行しているユーザーの割合が、前年に比べほとんど増えていない実態に驚く」として「画像、音楽、メールなどパソコンに保存するデータは確実に増加傾向にあり、このままではデータ損失を経験するユーザーは増加の一途をたどる。また、インターネットがもはや個人ユーザーにとっても必要不可欠なインフラとなっていることは明らか」と述べている。

  (「パソコン利用時のストレス調査」:本調査は、インターネット利用歴 3 年以上で 15 歳以上のユーザー男女年代別 2,000 名を対象に、2007年4月中旬にインターネット上で実施した。2006年4月に続き、2回目)

このアーカイブについて

このページには、2007年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年6月です。

次のアーカイブは2007年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。