YouTube 利用者数が1000万人に。史上最速で! 

 <CGM(消費者生成コンテンツ)の強さが目立つ>

   動画共有サービスの「YouTube」の、日本国内の家庭からの利用者が1000万人を超えた。

これは、 ネットレイティングス社(民間調査会社)がこの3月22日に発表した2007年2月のインターネット利用動向調査。

 それによれば、 2005年12月に開設したYouTubeは、たった14カ月で利用者1000万人を超えたことになり、同社の調査によると史上最速だ。同社は「記録的な急成長はCGM(*)の誘導力の強さを証明している」としている。*CGM=Consumer Generated Media(消費者生成メディアの略)

2月のYouTubeの利用者数は1017万人。利用者が1000万人を超えるサイトはほかにポータルやECサイトなど18サイトしかない。YouTubeはページビュー数も約6億2500万PVで最高値を更新。1人当たりの平均利用時間は1時間15分だったという。

利用者1000万人を超えるまでにかかった期間は、楽天市場が77カ月、Yahoo! JAPANは55カ月、Amazon.co.jpは42カ月、Googleで51カ月だった。
 ネットレイティングの代表取締役社長兼チーフアナリストの萩原雅之氏によると、YouTubeのトップページの利用者数は、YouTube全訪問者数の2割程度になのだという。
 これはつまり、トップページにきたということではなく、動画のコンテンツに直接アクセスするユーザーが大半を占めるということだ。
 同社の萩原氏は、「ブログやSNSの日記・コミュニティなどのいわゆるCGMに貼られた膨大な個別映像や、URL経由で大半の利用者が流入しているため。YouTubeの記録的な急成長はCGMの誘導力の強さを証明している」と分析している。

主要サイトの1000 万人到達までの所要月数
(家庭のPCからのアクセス)。
Yahoo! JAPAN  55ヶ月
楽天市場 78ヶ月
2ちゃんねる 77ヶ月
Amazon.co.jp 42ヶ月
Google 51ヶ月
YouTube 14ヶ月

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/47

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2007年6月23日 21:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サラリーマンの平均小遣いは4万8,800円」です。

次のブログ記事は「親子で鍛える!文章力。~ 講座のお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。