TOEIC テスト受験者が150万人突破!昇進、昇給に!

 海外出張や派遣のためのレベル測定、人事異動や昇進・昇格の要件など、多くの企業で幅広く活用されているTOEICテスト。 企業によっては、部長以上になるには、TOEIC650点以上、というような資格条件があるところも多々ある。
  このTOEIC の2006年度の受験者数が、前年度に比べて2万7000人増の152万6000人に達した。その内容は、団体特別受験制度での受験者数の伸びが顕著で、前年に比べ5万5000人増の86万人となったことがあげられる。  また、英語学習初・中級者向けのコミュニケーション英語能力テストであるTOEIC Bridgeの受験者も増加の一途で、2006年度は前年度に比べ約1万9700人増の12万8900人となった。

  今やビジネスに英語力は必須。学校で学ぶ英語もコミュニケーション重視だし、学校をでても実践的な英語が、当然のように求められる時代が。最近では、昇進・昇格要件のTOEICスコアを引き上げるなど、社内制度の強化を進める企業も出てきている。  多くの学習教材もでているので、自分にあった学習方法をとることができるし、細切れ時間でも学ぶことできるのが、語学学習のよいところ。電車の中などで、会話などいかが?途中で挫折した人も、ライバルは進んでいるかもしれない! 今一度、英語に、取り組んでみてはいかが?
070605003

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2007年6月 4日 20:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「知的財産を支援してくれる助成金がある!全国初は横浜市!」です。

次のブログ記事は「音楽を聴くように手軽に大学講義を学べる!コンテンツを無料提供」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。