「キッズアブログ」プロジェクト、小学生たちが海外交流

「キッズアブログ」プロジェクトがスタート!
    ~ブロードバンドスクール協会がクレオ・マイクロソフトらと協力し実施~    
   
 小学生がブログで海外の小学生と交流するプロジェクトがスタートする。
 NPO法人ブロードバンドスクール協会=BBS協会(理事長:清水康敬)は、クレオ社(東京都港区)、 マイクロソフト社(渋谷区)らと協力し、インターネットを活用した日本と海外の小学生の交流を支援する 「キッズアブログ」プロジェクトを7月からスタートと発表した。

名称は、「キッズアブログ」。期間は2007年7月~2008年5月31日まで。  BBS協会が主催し、マイクロソフト、関西大学総合情報学研究科、NPO法人CANVASが支援する。   日本と海外の児童・生徒が、共通テーマを持って調べ学習をおこない、 ブログを中心にインターネットツールを活用してコミュニケーションをしながらお互いの文化や思想を学びあう機会をもうける、という。
 異文化に興味を持ち、相互理解を深め、お互いを尊重することを学ぶことで国際性を身につけると 同時に自分たちの文化についての認識も深まることを目指す、という。
  当初はオークランド日本人コミュニティの子供たちと東京の谷中・根津・千駄木地区の子供たち (NPO法人CANVAS主催 地域情報発信基地局プロジェクト参加の子供たち)の間の交流を支援し、 今後徐々に参加者を増やしていく予定、だという。 
 
 BBS協会は、ブロードバンド環境とICTを最大限に利用した学習環境の構築支援を通じ、児童生徒の学習意欲や国際性の向上に寄与することをミッションに活動を続けている。  単にICT環境を構築するだけでなく、協会会員企業やアドバイザリースタッフの豊富な研究成果をもとに授業設計や運営まで含め質の高い教育を実現している。 

   運営支援内容の特徴的なことは、ブロードバンドスクール協会とクレオやマイクロソフトが持つ組織的なネットワークを活用し、今後、交流を希望する学校や地域に対して交流校のご紹介と、コーディネートをすること。
  交流する施設には,インターネット会議システムの貸し出しをするなどの実施ICTシステム支援、 インターネット会議システム、ブログ、掲示板、Email、など交流授業で利用するツールのトレーニングや  サポートなどすることだ。
小学生や中学生の時代に、インターネットの利用で広く、幅のある学習を身に着けることは、有用である。また、最近では、大学の情報系のゼミナールで、「ブログ」活用での授業の学習効果などを 研究している研究室などもでてきた。新しい時代の予感がする。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/44

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2007年6月24日 20:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「親子で鍛える!文章力。~ 講座のお知らせ」です。

次のブログ記事は「日本初・100%ブロードバンド化達成は神奈川県!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。