オンラインショップ構築運営を体験できるツールが無料

 多くの人が、インターネットショッピングをする機会も増えた。が、いざ中小企業などが、 ネットでの物品購入の仕組みや管理をするシステムを導入しようなどとしたら、サーバ の準備やプログラムの開発、ショップの構築運営ノウハウをもった人材の不足 など、導入へのハードルは、コストの面からも大変なことだ。

 そこで、インターネットとパソコンさえあれば、専用の管理画面から商品名、価格、 説明など必要な情報を入力していくだけで本格的なオンラインショップが 自動的に作成できるサービスが登場。

ASPサービス「ワイズカート」をベースにして、今回できたのが、“ワイズカート・エデュ”だ。 これが、最長2ヶ月、無料で試せるそうだ。
   簡単な文書を作ったり、インターネットで情報を検索したり、メールを利用 するといった一般ユーザレベルのパソコンの知識がある方であれば、パソコン とインターネットだけでいつでも、作成が可能。

 インターネットが進んだ現在、起業への一歩を試行することができるサービスとしても いいかもしれない。
 マイクロソフト社が提供する中小企業向けのビジネスポータルサイトでエンターテック社が 展開するというもの。
<経革広場>
0706015005(S)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/37

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2007年6月15日 18:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ガクモ って何だ?大学生と企業をモット結ぶマガジン」です。

次のブログ記事は「大阪には慶応の進出、東京には関西の大学。知の流動化。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。