使える電子メール検定!厚労省の認定ももらえる

 電子メールは今や ビジネスの必需品です、が、これの基本的マナーや使い方については、誰に聞いたらよいの?というのが実情だ。
 そこで、登場したのが、「電子メール検定試験」だ。

 各地の 商工会議所で実施しており、受験料も比較的安いのが特徴とうれしい限り。試験の内容は、・電子メールの出し方、・メールの文章の書き方、・電子メールの仕組み、 電子メールのセキュリティ 、電話やFAXとの違いなど、日常業務に使えそうなことが多く大変に実践的なのが特徴だ。

 問題数は30分、50問が出題され、100点満点のうち80%で合格ということですから、今、電子メールを使っているあなた、心配ならば、すぐにでも受験が可能かも。

 試験会場のパソコン等を利用して、試験の自動実行プログラムおよび試験問題を、インターネットを介しダウンロードして実施しますので、試験終了後、受験者の答案(データ)がインターネットを介して採点され、即時に合否判定がでるので、時間のない方にも便利だ。
  この電子メール検定が、YESプログラムに認定されますます利用の幅が広がった!(YESプログラムの説明ついてはあとのお楽しみに)

0705240000

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/28

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2007年6月11日 15:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「完全失業率が 3・8%改善!フリーターには肩身が狭い」です。

次のブログ記事は「ノバうさぎ危うし、業務停止命令。賢い学校選択を!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。