バナー広告費は634 億円、増加の一途、この第4・4半期

<消費者金融の広告費用が回復、堅調な市場成長>

 大手の検索サイトなどのHPをみると、バナー広告がかなりの増加をしていることがわかるが、さてこの 広告費用はどれくらいか、と考えたことがあるだろうか?
第4四半期のネット広告費用は、約634億円、という調査結果がでた。
 これは、ネットレイティングス(渋谷区、代表取締役社長:萩原雅之)が、2006 年第4四半 期(10-12 月期)のオンライン広告統計として発表したもの。
 それによると、2006 年第4 四半期の日本全体のバナー広告費は634 億円に達し、単月平均で約210 億円余りとなり、同社が広告統計を開始した2006 年9 月度の192 億円と比較しても 9%の堅調な成長を遂げていることが分かった。

 一方、第4 四半期は日本全体のオンライン広告市場が堅調な中、同市場のメインプレイヤーのひとつである個人向けローンを取り扱う消費者金融業各社の広告出稿が落ち込みをみせた。消費者金融業をスポンサーとする媒体の一部では、大きく広告集稿が落ち込んだが、国内全体では、その落ち込 みを充分にカバーした結果だ。また、2007 年1 月度では消費者金融業の広告出 稿も回復傾向が見られる、という。

 同社の代表取締役社長兼チーフアナリストの萩原雅之は、「一般的に広告市場は経済状況と比例しながら盛衰しますが、現在のオンライン広告市場は一業種の落ち込みを市場全体でカバーする成長力を有しています。
 最近の傾向として、ネット広告の主役が従来のネットをインフラとして活用しているインターネット関連企業から自動車、化粧品、飲料・食品をはじめとする消費財メーカーにシフトしています。従来の広告市場のメインプレイヤーであるこれらの企業の積極的なネット広告の活用が日本のオンライン広告市場の成長に更なる拍車をかけていくでしょう。」
と語る。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/46

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2007年6月24日 20:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本初・100%ブロードバンド化達成は神奈川県!」です。

次のブログ記事は「ネット利用者は2010 年には5,500 万人に!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。