ネット利用者は2010 年には5,500 万人に!

 インターネット利用者は、2010 年には5,500 万人になるだろう、という調査結果がだされた。 この3月末で、家庭内パソコンによるインターネットの月間アクティブ利用者数が前年同月比で約500 万人、12%の増加となり、初めて4,500 万人を超えている。

 民間調査会社のネットレイティングス社が発表した。
 同社は2000 年4 月からインターネット視聴率の提供を開始し、7年。この過去7 年間の利用者数の推移データから、推察すると2008 年夏 ごろに5,000 万人を越え、3 年後の2010 年春には5,500 万人と見込まれる、とする。

 同社、代表取締役社長兼チーフアナリストの萩原雅之氏は、
 「毎月推計している月間アクティブ利用者数は、視聴率における各ウェブサイトのユニークユーザー数やページビュー数を算出する元となる最も基本的な指標です。現在でも一定のペースで利用者数が増えているのは、初めてインターネットを利用する世帯の増加だけではなく、すでにブロードバンド回線が引かれている家庭内での利用人数が増えていることが背景にあります。特に小中学生や50 歳以上のシニア層などは、まだ普及する余地があり、全体の利用者数もしばらく増加傾向が続くと思います」
と述べる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/48

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2007年6月24日 21:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バナー広告費は634 億円、増加の一途、この第4・4半期」です。

次のブログ記事は「大学の講義を配信など、ITを活用している大学は75%」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。