日本初・100%ブロードバンド化達成は神奈川県!

 総務省 関東総合通信局発表は先ごろ、神奈川県内でのブロードバンド加入可能世帯比率が3月1日には、100%に達したと発表した。  
 
 関東総合通信局は、総務省が2006年8月に公表した、2010年度までにブロードバンドサービスを利用できない 「ブロードバンド・ゼロ地域」の解消を目的とする「次世代ブロードバンド戦略2010」に基づき、 管内のブロードバンド・ゼロ地域解消に向けた民間事業者や自治体に対する支援措置や需要の喚起、 利活用の促進などを実施している。  

 こうした活動を踏まえ、関東総合通信局は、3月はじめ神奈川県におけるブロードバンド 加入可能世帯比率が100%となったと発表した。全国の都道府県に先駆けて達成されたものだという。 なお、神奈川県はFTTH( 光ファイバケーブルを一般個人の家屋へ直接引き込んだネットワーク回線構成のこと)加入可能世帯比率を ブロードバンド加入可能世帯比率として算出しているため 、FTTH加入可能世帯比率も100%に達したこととなる。  

 また、関東総合通信局は2006年12月末現在の関東管内のブロードバンド加入可能世帯比率も公表した。  
 これによると、管内全体のブロードバンド加入可能世帯比率は97.9%で、 ブロードバンド・ゼロ地域に属している世帯数は36.9万世帯 。FTTH加入可能世帯比率は89.7%だという。また、 東京都のブロードバンド加入可能世帯比率およびFTTH加入可能世帯比率は99.7%で、 2万世帯がブロードバンド・ゼロ地域に属している。  

 一方、ブロードバンド加入可能世帯比率では、栃木県が91.6%、 FTTH加入可能世帯比率では山梨県が61%と管内で最も低い比率となったほか、 ブロードバンド・ゼロ地域に属する世帯数では茨城県が7.5万世帯と最も多い地域となっている。 同局では、管内全域でブロードバンドサービスが利用可能となるよう、引き続き取り組むとしている。  


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/45

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2007年6月24日 20:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「キッズアブログ」プロジェクト、小学生たちが海外交流」です。

次のブログ記事は「バナー広告費は634 億円、増加の一途、この第4・4半期」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。