新社長に生え抜き佐藤氏 13年ぶり

 日本ビクターは30日、親会社の松下電器出身の寺田雅彦社長(62)が特別顧問に退き、佐藤国彦専務(62)が社長に昇格する人事を固めた。同日の取締役会で内定し、6月27日の株主総会後に就任する。生え抜きの社長は13年ぶりになる。ビクターは07年3月期に3期連続の最終赤字を計上、寺田氏はその責任をとる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2007年5月30日 22:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小学生の4人に3人が「朝なかなか起きられない」」です。

次のブログ記事は「シックハウス診断士資格は台湾でも人気上昇中 国際的活動も。 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。