やはり今年も、英語を聞き取れるが、書くことはダメ

表現力もう少し!小5、中2対象の学習状況調査

青森県

 青森県教委は昨年末、2005年度の学習状況調査の結果を公表した。調査は児童生徒の基礎学力の定着度を調べ、学校の学習指導改善に役立てる目的で2003年より実施。

 対象は県内の小学校5年生と中学2年生の計2万8795人。

 同教委は今回の結果を、知識・理解力については「すべての教科でおおむね良好」とするものの、思考力・表現力は「十分ではない」としている。

 英語は「聞くこと」(英語を聞いて詳細を理解する問題)の通過率が97.7と最高で、「書くこと」(英語で指定された内容を書く問題)は15.1の通過率で最低だった。

【詳細】http://www.pref.aomori.jp/education/chousa/index08.html


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/160

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2006年7月 2日 23:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「米国流行語大賞にtsunamiもはいる」です。

次のブログ記事は「カタカナ語の氾濫に待った!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。