「ヤンキー先生」が講師! よこはま教師塾

教員志望の学生や社会人が対象

横浜市教育委員会

 神奈川県の横浜市教育委員会は、9月15日、教員養成塾「よこはま教師塾」の募集を開始した。募集期間は10月13日(金)まで。即戦力教員の確保と養成のため、横浜市の教員を志望する学生や社会人を対象にしたもの。

 横浜の教育のリーダーとなる人材の育成につとめる同塾の塾長は、「ヤンキー先生」の通称で知られる義家弘介氏。同氏は、「不良少年の夢」「ヤンキー先生のたからもの」などの著書がある元北海道北星学園余市高校教諭。自身が不良少年だった体験を経て教師となり、現在は横浜市の教育委員を勤める。同塾は、来年1月に開設され、月に2回の活動をする予定だという。主な活動内容は、さまざまな分野の講師による講義、演習を行うほか、学校や地域の子どもの学習活動の場、教師になることへの思いを語り合う合宿に参加することになる。初年度は来年1月から3月で、在塾中に横浜市の教員採用試験を受験することになるという。

 同塾の受講料は年間8万円。入塾予定者は100名程度。教員として採用された場合、同額を返還するとのこと。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/114

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2006年6月29日 00:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「組織単位での研究者の人材交流に合意」です。

次のブログ記事は「「第15回まんが甲子園」開催される」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。