リスタートプランで相談

高校中退者と保護者を支援

都教委

 東京都教委は、4月13日、高校中退者やその保護者のための相談所、「青少年リスタートプレイス」を、都教育相談センター(目黒区)に設置した。近年増加している高校中退者に再入学や転編入学のこと、また高校卒業認定試験を紹介したり、就労支援するなど、支援事業に当たる。東京都教委調査では、2003年度の都立高中退者は全日制、定時制合わせて計5,270人で、その理由は「進路変更」が1,941人、「学校生活・学業不適応」が1,848人、「学業不振」が677人となっており学校不適合の問題や進路選択の誤りなどが指摘されている、退学後の進路は「就職等」が2,903人、「学校への編・再入学等」が1,216人、「その他」が1,151人とのことで、このリスタートの活用が望まれる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/108

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2006年6月28日 23:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「豊かな感性を育てる 教育を」です。

次のブログ記事は「女性科学者を支援 10大学に15億円」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。