「貴重書デジタル画像52点」の公開

インターネットで江戸時代の芸術鑑賞!

埼玉県浦和図書館

 埼玉県立浦和図書館では、貴重書として所蔵している江戸時代に刊行された和漢書や錦絵などがインターネットを通じて、閲覧できるようにデジタル画像を作成し、4月からデジタル画像を埼玉県立図書館ウェブサイトの公開を始めた。

 浦和図書館の埼玉資料室では、江戸時代に刊行された和漢書や錦絵などの貴重な資料を所蔵している。これらの資料は、破損や劣化から保護するために閲覧や複写を制限していたが、今回は、選りすぐりの52点のデジタル画像を作成。これにより、インターネットを通じ、普段は手にすることができない貴重な資料を自由にご覧することができるようになり、自由な倍率を選んで閲覧できるなど、デジタルデータでの利用が可能となった。

 52点の和漢書・錦絵とは別に、江戸時代の絵図10点もデジタル化を行なった。これらはサーバー能力の関係上ウェブサイトでの公開は行なっていないが、CD−ROMに収められた画像を、資料室内の専用パソコンを使って閲覧できるようになっている。

【URL】http://www.lib.pref.saitama.jp/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/112

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2006年6月28日 23:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「伊東市が全国初の書道教育特区に認定」です。

次のブログ記事は「組織単位での研究者の人材交流に合意」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。