中学校英語の苦手は「書くこと」

「小中学校学習状況調査」結果

愛媛県

 愛媛県内の公立中学校148校の2年生約13,300人を対象として実施した県教委の学習状況調査結果によると、中学校の英語の領域別通過率は「聞くこと」72.1%、「読むこと」67.7%、「書くこと」57.4%。

 特に、会話文が自然なものになるように対話の場面や流れを正しく読み取り、適切に応じる問題や文構造を理解し、与えられた単語や語句で正しく英文を書く問題などにおいて低かった。

【詳細】http://ehime-c.esnet.ed.jp/gimu/gakusyuu/gakutyou1.html


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/156

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2005年7月 2日 23:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「語学教育ヨコハマ戦略」策定」です。

次のブログ記事は「全国的に英語は記述が苦手!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。