外国人が話しかけてきたら?小中学生の場合

「平成16年度学習状況調査結果」を発表

佐賀県

 佐賀県教委が、昨年7月に県内の小・中学校において、公立小学校6学年及び中学生(各教科約13%)を対象として実施した2回目の佐賀県学習状況調査結果を発表した。
 英語の通過率については中1で67.9%、中2で61.1%。
 リスニングは良好であるが、与えられたテーマや条件にあう英文を書くなどについては通過率が低い。

 外国人が話しかけてきたらどうするかという設問では、英語で受け答えをする生徒の方が逃げる生徒よりも通過率が16〜22ポイント高いことも分かった。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/142

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2005年7月 2日 22:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「理数系離れ深刻、改革案を提案」です。

次のブログ記事は「英語の表現力が求められる時代」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。