日本の高校生「自分はだめな人間73%」

高校生は自己否定的?

(財)日本青少年研究所

 日本の高校生は自己否定的で「自分はだめな人間だと思うことがある」という者が73.%。また73%の日本の高校生が「授業中よく寝たり、ぼうっとしたりする」と答えた(中国は29%、 米国が49%)。

 学校以外の勉強時間が少なく、宿題をやる生徒も3カ国中最下位で、日本と米国では「ほとんど読書をしない」高校生が5割いる。

 調査は、財団法人日本青少年研究所(東京・新宿)が昨年9-12月に実施、3カ国35の高校で行い3649人が回答。

日本は11都道府県から各1校を選び計約1300人が回答。  

【詳細】http://www1.odn.ne.jp/youth-study/index.htm

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/147

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2005年7月 2日 23:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール決定」です。

次のブログ記事は「ネットワークで大学と中学とを結ぶ遠隔授業を」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。