英語教師向け新テスト「TKT- 英語教育能力テスト」開始

ブリティッシュカウンシル
英語教師の指導力向上を目指す

 英国の公的な国際文化交流機関・ブリティッシュ・カウンシルは、ケンブリッジ大学試験評議会が新たに作成した英語教師向け英語教育能力テスト(TKT -Teaching Knowledge Test、以下TKT)を7月より東京・大阪にて実施する。

  TKT受験希望者を対象に準備コースも併せて開講すると発表した。

  TKTは、”英語を母国語としない英語を教える教員”(または英語教員を目指す人)を対象にした、基礎的な英語教授法を計る国際資格試験で、世界的な英語教師育成需要の高まりに応えて、英語教師の指導力向上のため、また研修の成果や価値を計る上で適切な指標として作成されたもの。

 年4回(今年度は7月、9月、1月、3月)本テストを実施。

【詳細】http://www.britishcouncil.org/jp/japan-press-release-tkt.htm

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/77

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2005年6月28日 18:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「読解力低下に学校現場も危機感「日本語特区」の取組みスタート」です。

次のブログ記事は「テスト結果をインターネットで確認!TOEIC」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。