—どうして勉強しなくちゃいけないの?に答える

—『確かな学力向上』の学習リーフレットを配布
『コツコツ学習のすすめ』で子供たちに学力努力をうながす

群馬県教育委員会

 群馬県教育委員会では、子ども達の「確かな学力」を向上させるために学力向上推進委員会を設置した。同委員会では、「教師の指導力」と共に「子どもの学習努力」が不可欠であり、中でも「家庭学習の充実」が必要であるという意見が出された。また、同県で実施した教育課程実施状況調査では、家庭での学習について、「1週間にほとんど、または必ず毎日する」と答えている児童・生徒ほど、学力テストの結果が高い傾向にあり、家庭で予習・復習を中心に取り組んでいる児童・生徒ほど、学力テストの結果が高い傾向にあった。そのため、学び意義や学び方などを理解させることで、子ども達の学習努力を促すためのリーフレット『コツコツ学習のすすめ』を作成することになった。

 この内容は、1.学習することの意義 2.学習のやる気チェック 3.学習のコツや学習を持続させる意義 4.生活習慣の見直しの4構成で作られている。また、保護者も子ども達の家庭学習状況を見つめ直し、学習の土台となる規則正しい生活習慣づくりや子どもの可能性を伸ばすような言葉がけ、働きかけができるようになっている。

 リーフレットは、県内の全小・中・養護学校の児童生徒及び教員等に配布され、家庭学習指導などに使われている。同教育委員会では、「学校・家庭が一体となって、子ども達の学習に関わって欲しい」と願っている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/83

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2005年6月28日 19:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「学校現場に「コンピテンシー」表記?」です。

次のブログ記事は「「ベテラン先生」たちの約6割が指導力不足!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。