033)語学の最近のブログ記事

【リリース】

eラーニングの技術を使って留学を実現。前回はプロモーション利用をご紹介しましたが、eラーニングの仕組みを使った様々な事業に使われていくようです。

--- 以下、リリース ---

eラーニングシステムの提供事業を行う株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:はが弘明)は、2010年4月1日、新規ビジネスである『ネット留学プロジェクト』を推進するための新事業会社『株式会社DKアブロード(DKA)』を設立いたしましたのでお知らせいたします。


◆設立の趣旨
昨今、中国・日本間の経済・文化交流が拡大する中で、人材交流の必要性が指摘されています。また、日本政府は、日本への海外留学生の数を現状の10万人から30万人に拡大する方針を打ち出しています。


このような背景の中、中国を中心としたアジア諸国の学生たちが日本の学位を習得できる機会を増やすため、主に日本の高等教育機関(大学・大学院・高校・専門学校等)のカリキュラムを、インターネットを使って配信する『ネット留学事業』を推進する新事業会社として『株式会社DKアブロード(DKA)』を設立いたしました。


『ネット留学事業』は、学生が自分の国に居ながら学び、日本の大学卒業資格等を得ることができる新しい教育サービスです。


-教育機関と受講者を結ぶ"学びの架け橋"となる-
1995年の設立以来、500組織を超える企業・スクール・学校のeラーニングシステムを立ち上げている株式会社デジタル・ナレッジの本理念に基づき、アジア諸国の学校と日本の学校による文化・学術交流を促進し、相互国の発展に寄与する人材の育成と交流を促進させて参りたい所存です。


◆新会社の概要
新会社名:株式会社DKアブロード(DKA)
所 在 地:東京都新宿区下宮比町2-26 共同飯田橋ビル6階
設 立 日:2010年4月1日
事業内容:ネット留学事業
代表取締役:野口保之
取 締 役:はが弘明(株式会社デジタル・ナレッジ 代表取締役社長)
監 査 役:近藤寿子
資 本 金:1000万円


【本件に関するお問合せ先】
株式会社デジタル・ナレッジ
http://www.digital-knowledge.co.jp/
担当:管理本部
TEL:03-5206-5811
FAX:03-5206-5812
E-mail:sales@d-k.jp

YouTubeで英会話動画教材を無料配信-再生回数10万回超え

 英会話サービス「Englishtown」を運営するイングリッシュタウン(渋谷区)は、無料で英語を学習できる「Englishtown オンラインで英会話チャンネル」の配信を開始した。

 「Englishtown オンラインで英会話チャンネル」は教材として構成された約5分間のレッスン動画をYou Tubeで配信しているもので、いつでも無料で英会話学習が体験できるのが特徴。動画の内容は、一般会話のほか、旅行英会話、ビジネス英会話などの学習ジャンルを用意する。これまでにトータルで15動画を同サイトにアップ。チャンネルオープン後1カ月で、合計再生回数は10万回を超え、チャンネル登録者数も300人を数える。

 同社はこれらの動画配信開始について「Englishtownには、ネイティブ教師によるライブレッスンのほか、動画や音声を始めとするオンライン上の英語学習コンテンツがある。今回、より多くの方へ手軽にEnglishtownの英会話学習を体験してもらう機会として、動画レッスン教材の一部をYouTubeの動画チャンネルで紹介することになった」としている。

 今後について同社は、2008年内にチャンネル登録者1,000人、合計再生数50万回を目標に掲げるほか、毎週約2動画ずつアップしていく予定だという。


Englishtown

試験は10月26日(日)!「わかりやすい」「論理的」「的確な表現」な文章力で勝負

 パソコンを自由自在に使えても、文章の内容を考えるのは自分自身だ。便利な定型文があるとはいえ、どんなに時代が変わったとはいえ、コミュニケーションの手段が言葉であり、文章であることにかわりはないだろう。そして、その文章力を身につけて、相手にわかりやすく伝える力を養いたいと思ったら、実力と資格を同時に身につける「文検」(日本語文章能力検定)受験を考えてみてはいかがだろう。◎書きたいことが身につくので自己PRや履歴書で自己のチャンスを確実に活かせる◎プレゼン、発表能力で意見が冴える!◎企画書、報告書などで評価は間違いなし、と社会人にとって、必要な能力を認めてもらえるものだ。

 同検定の次回実施は10月26日(日)。受験申し込みの受付は既に始まっているが、9月29日(月)までに、日本語文章能力検定協会に到着すれば大丈夫。なお、同協会のホームページには、同検定受検者の体験談や腕試しの問題例も掲載されている。

<2008年度第2回日本語文章能力検定試験>
日時:10月26日(日)
受付期間:9月24日(水)まで※願書必着日は9月29日(月)

●問い合わせ
 日本語文章能力検定協会/(財)日本漢字能力検定協会監修
 <京都事務局>  TEL:075-352-8308
 〒600-8585 京都市下京区烏丸通松原下る五条烏丸町398
 <東京事務局>  TEL:03-5205-0338
 〒100-0004 東京都千代田区大手町2-1-1 大手町野村ビル

日本語文章能力検定協会

留学生はマンションで暮らし、お小遣いは5万円以上とプチリッチ

 留学生支援のサクシーオ(港区:代表山本栄弘)は、8月上旬都内在住の留学生に、その暮らしぶりや生活状況をアンケートした。
 それによると、「毎月のお小遣い」は47%以上が5万円以上、「行ったことがある」場所は富士山が39%、京都が33%、北海道が16%、沖縄が13%を全国を旅してある程度の余裕をもった暮らしをしていることがわかった。 また、日本で体験したいことは「料理」が43%、着物が43%、「お茶」が22%となるなど日本文化への体験・興味が高く日本人以上に日本文化に関心が高いことが分かった。
 この留学生の来日のきっかけは、家族友人の薦めが36%、日本文化が25%、ドラマが11%、アニメが9%、漫画が6%となっており、日本文化とまで言われているアニメ・漫画の影響も留学動機に一役買っていることも判明した。

調査は、中国、台湾、米国、韓国、イタリアなどの留学生214名/都内の3大学と専門学校で記入式にて回答

9月6日(土)日本通訳協会主催で集中的に学ぶ

 北京五輪や北京パラリンピックでも大活躍する通訳。語学が好き、海外との交流に興味津々という人にとって、通訳は憧れの職業といえるだろう。

 日本通訳協会では、積極的に通検などの対策講座を開催しているが、来る9月6日(土)、東京で通検V通検合格ポイント・対策セミナーを開催するという。V通検とは、ボランティア通訳の意味で、検定試験の合格者には合格証書を発行し、その実力を認定してもらえる、というもの。
 V通検A級の合格者は(所定の研修を経て)『ボランティア通訳』として、V通検B級の合格者は『アシスタントボランティア通訳』として、(社)日本青少年育成協会に登録できる。それにしたがって仕事が来る。

 同セミナーは、春・秋の年2回、受験級別に開催している1日のみの気軽に参加できるセミナー。通検2級、V通検A級合格を目指し、過去問題を解きながら、合格のポイントを集中的に学べる。
 同セミナー、今回は『通検2級合格対策クラス』と『V通検A級合格対策クラス』の2クラスの実施となる。時間や内容など詳細はホームページで確認を。

<通検/V通検合格ポイント・対策セミナー>
日程:9月6日(土)
会場:日本赤十字看護大学(東京都渋谷区)
定員:36名
講師:河原清志(2級クラス)、柴田バネッサ清美氏(VA級クラス)

●問い合わせ
 日本通訳協会  TEL:03-5925-0531
 〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-14-18シミズビル6F

日本通訳協会

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち033)語学カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは007)その他です。

次のカテゴリは034)教養です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。